ここから本文です

2戦連続無得点にブラジル国民が激怒! 沈黙の“カナリア軍団”に向けられた屈辱的な掛け声

Football ZONE web 8/8(月) 16:00配信

初の金メダル獲得を目指す開催国が、まさかのグループリーグ敗退危機

 リオデジャネイロ五輪男子サッカーで、金メダルの大本命と見られていた開催国ブラジルが大ピンチに陥っている。現地時間7日に行なわれたグループリーグ第2戦のイラク戦も0-0と、2試合連続のスコアレスドローに終わった。世界各国がこの苦闘ぶりを伝えているが、試合後のイレブンに対して観客が盛大なブーイングや屈辱的な「オーレ」、そして女子サッカー第一人者の名の掛け声を浴びせるなど、国民の不満は大きく高まっているようだ。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 試合はブラジルが圧倒的にボールを支配する展開となった。前半7分にはFWガブリエル・ジェズスが決定機を迎えると、MFレナト・アウグスト、そしてキャプテンマークを巻いたFWネイマールらがチャンスを創出したが、イラクから得点を奪うことができず。初戦の南アフリカ戦に続くドローに終わった。

 まさかの2戦連続未勝利、しかも無得点という結果に地元メディアとファンの怒りも頂点に達している。五輪開催地リオデジャネイロの地元紙「オ・グローボ」は、首都ブラジリアでの失態劇を以下のように伝えている。

「許容可能なところと我慢の境界線がある。チームが最近形成されたのは許容可能だ。プレッシャーも巨大だ。だが五輪1次リーグの結果で状況は悪化している。チームは国民からの信頼を失っている。イラクに対しての0-0の結果にブーイングを挙げ、侮辱の意味を込めた『オーレ』、『マルタ』の叫びを聞いた」

決勝T進出を決めた女子のエースを称える声

 記事中にある「マルタ」とは、ブラジル女子サッカーの象徴的存在であるFWマルタのこと。マルタは2006年から5年連続でFIFA最優秀選手賞を受賞したレジェンドで、今年の2月に30歳となったが、6日に行なわれた女子サッカーのグループリーグ第2戦スウェーデン戦では2得点を決めて5-1の大勝に貢献するなど、いまだ絶大な存在感を誇る。女子は2連勝で決勝トーナメント進出を決めたということもあり、男子のふがいなさへの当てつけとも言える。

 2戦連続で無得点に終わったカナリア軍団は、2試合を終えた時点で勝点2の2位につけている。グループリーグ最終節のカードはブラジル(勝ち点2)対デンマーク(勝ち点4)、南アフリカ(勝ち点1)対イラク(勝ち点2)となっている。ブラジルが勝利すれば自力で突破を決められるが、もし3戦連続のドローに終わると、南アフリカかイラクのいずれかが勝利した場合か、ドローでもイラクに総得点で上回れると敗退となる。もちろん、デンマークに敗れた場合は、その時点で大会から姿を消すことになる。

 自国開催で悲願の金メダル獲得を義務づけられたカナリア軍団は、ネイマールら中軸が沈黙を破り、未曾有の危機を乗り越えられるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/8(月) 16:00

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。