ここから本文です

イブラ、過去にまだ未練? ミランをマンUに匹敵する最も偉大なクラブと評価

フットボールチャンネル 8/8(月) 10:20配信

 今夏にマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したFWズラタン・イブラヒモビッチは、過去に在籍したミランにまだ未練が残っているかもしれない。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 現地時間7日にコミュニティ・シールドが行われ、昨季のプレミア王者である日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティとユナイテッドが対戦。イブラヒモビッチが決勝点を決め、2-1で勝利したユナイテッドが今季初タイトルを獲得している。

 ユナイテッドのMFジェシー・リンガードとレスターのジェイミー・ヴァーディがそれぞれ決めた得点により1-1で迎えた83分、右サイドで仕掛けたMFアントニオ・バレンシアが中央にクロスを上げる。

 すると、ファーサイドにいたイブラヒモビッチがヘディングシュートを放ち、ゴール右隅に決めた。これが決勝弾となり、ユナイテッドはクラブ最多となる21度目のコミュニティ・シールド制覇を成し遂げ、今季初のタイトルを手に入れている。

 決勝弾を決めたイブラヒモビッチは、「ユナイテッドはオレがこれまでプレーしたクラブで最も偉大なクラブだ」と試合後にその喜びを語ると、「このレベルに値するクラブはミランしかいない」と過去に在籍した古巣ミランを称賛した。

 実際その通り、イブラヒモビッチはパリ・サンジェルマン(PSG)を退団する前にも同じ発言をしており、当時も古巣への帰還が噂されていた。ミランでは2010年から2シーズン過ごし、2011/2012シーズンには自己最多となる公式戦合計35得点、15アシストを記録している。

 未だにミランに未練が残っているイブラヒモビッチ。近い将来に再び古巣へ戻って来る日が訪れるかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:8/8(月) 10:24

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。