ここから本文です

ベンゼマを超え、スアレスに並び、オーバメヤンへ迫る… 川崎の絶好調男が7戦連発弾で新境地へ

Football ZONE web 8/8(月) 16:50配信

小林悠がJリーグ記録の8試合連続ゴールにあと「1」に迫る

 川崎フロンターレは6日、J1セカンドステージ第7節でヴァンフォーレ甲府をホームに迎え4-0で勝利したが、この日、一人のストライカーが偉大な記録に王手をかけた。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 16戦負けなしと悲願の初タイトルに向けて快進撃を続ける川崎のなかで、ひと際存在感を放っているのがFW小林悠だ。前節の湘南ベルマーレ戦で、2005年にFWジュニーニョが記録した5試合連続ゴールを上回る6戦連続得点のクラブ新記録を樹立すると、この甲府戦でもネットを揺らし、ついに1997年から98年にかけて当時横浜マリノスに所属していたFWサリナスがマークした8試合連続ゴールのリーグ記録まであと1つに迫った。

 後半11分、ピッチ中央でMF中村憲剛が浮き球の縦パスを前線に送ると、ボックス内に抜け出した小林が右足で巧みにトラップし、左足を一閃。ボールはゴール左隅に吸い込まれた。試合後、小林は7試合連続ゴールの偉業を達成するも、記録の更新に極力意識が向かないように努めていることを明かした。

「今日はなんとなく点を取れる気はしていたけど、できるだけ連続得点記録は意識しないようにしている。意識し始めると取れなくなるかもしれないので。まぁ、ここまできたら嫌でも多少は意識することになってしまうかもしれないけれど。

 今季は特に怪我をしていないことが大きい。去年は筋肉系の怪我が多かったが、マウスピースをするようになってからはそれがなくなった。あとは地道な筋トレやマッサージが成果につながってきたのかな。ゴールの場面のプレーもこれまでと特に変わっていない。自分は怪我さえなければ、これだけ点を取れると自信を持ってやってきたので」

欧州でも名だたる選手が連続得点を記録

 もちろん、リーグごとのレベルや競争力が異なるため単純な比較をすることに意味はないが、欧州を見渡しても昨季のリーグ戦での成績で見れば、レアル・マドリードのFWカリム・ベンゼマが6試合連続ゴール、バルセロナのFWルイス・スアレスが7試合連続ゴール、ドルトムントのFWピエール=エメリク・オーバメヤンが8試合連続ゴールなど、この領域に達する連続ゴール記録となると数人のトッププレーヤーに限られる。欧州とのレベルに差があるとはいえ、日本でもそれは決して誰もが到達できるものではない。

 「考えているのは常に次の試合のこと。何も変わらない。今まで続けてきたことを、これからも続けるだけ」。すでにキャリアハイとなるシーズン13得点を決めている小林が見据えるのは、目の前に迫る一つひとつの戦いでネットを揺らし続けることだ。

城福達也●文 Tatsuya Jofuku

最終更新:8/8(月) 18:04

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。