ここから本文です

日本、コロンビアに引き分け突破の可能性残す。48年ぶりのメダル獲得に望み【リオ五輪サッカー】

フットボールチャンネル 8/8(月) 11:51配信

U-23日本代表は8日、リオデジャネイロオリンピック1次リーグでコロンビア代表と対戦した。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

2点ビハインドとなったが…

【日本 2-2 コロンビア リオデジャネイロオリンピック1次リーグ】

 現地時間7日にリオデジャネイロオリンピック1次リーグが行われ、日本代表はコロンビア代表と対戦。日本はコロンビアと2-2で引き分けている。

 コロンビアは初戦のスウェーデン戦に引き分け勝ち点1となっている。対する日本はナイジェリア代表との接戦の末に4-5で敗れ、初戦黒星スタートとなった。今回の試合で負ければ敗退の日本は、コロンビア戦で選手を数人入れ替えている。

 ナイジェリア戦で先発だったGK櫛引政敏、MF原川力、MF大島僚太、MF南野拓実がベンチスタートとなり、代わりにGK中村航輔、MF矢島慎也、MF井手口陽介、FW浅野拓磨がスタメン出場となった。オーバーエイジ枠で選出の3人も先発に名を連ねている。

 試合開始して11分、右サイドからゴール前にクロスを入れると中央で矢島がシュート。相手GKが弾いたボールを浅野がつめたがオフサイドとなった。対するコロンビアは18分にミゲル・ボルハが強烈なシュートを放つもGK中村がファインセーブを見せる。さらに28分にもピンチを迎えたが塩谷が全力で戻り失点を防いだ。

 日本は33分に左サイドのクロスからチャンスを迎えるも、藤春のヘディングシュートはゴール右に外れてしまう。前半はお互いにチャンスを作ったが、0-0のまま折り返すこととなった。

 後半に入ると日本は早くもチャンスを作る。46分に前線でボールを奪った浅野がシュートを放つが惜しくもバーに弾かれる。48分にも立て続けにチャンスを作ったが決めることができない。

 しかし、先に均衡を破ったのはコロンビアだった。59分にワンツーパスで日本の守備を崩すと、最後はテオフィロ・グティエレスが豪快なシュートを決めてコロンビアが先制する。日本のペースだったものの先にゴールを許してしまった。

 さらに64分、クリアの判断を迷った藤春がミスしてしまいオウンゴール。だが、諦めない日本は67分にゴール前でパスをつなぎ浅野が豪快なシュートをゴールに突き刺す。続く74分には中島翔哉が追加点を決めて同点に追いついた。

 結局、日本はコロンビアと2-2で引き分け、グループステージ突破の可能性を残している。1968年のメキシコ五輪以来、48年ぶりとなるメダル獲得に向けて望みをつないでいる。

【得点者】
59分 0-1 グティエレス(コロンビア)
64分 0-2 オウンゴール(コロンビア)
67分 1-2 浅野(日本)
74分 2-2 中島(日本)

フットボールチャンネル

最終更新:8/8(月) 12:09

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。