ここから本文です

マンU初戴冠のモウリーニョが抱く恩師への感謝 「この勝利をファン・ハールに捧げたい」

Football ZONE web 8/8(月) 17:53配信

コミュニティー・シールド優勝後に口にした、師弟関係を築く前任者への思い

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、レスター・シティを2-1で下してコミュニティー・シールドを制し、就任後初めての公式戦で幸先良くタイトルを獲得したが、この栄冠を前任者のルイス・ファン・ハール前監督に捧げた。英衛星放送局「スカイ・スポーツ」が報じている。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 ユナイテッドは7日(日本時間8日)に、コミュニティー・シールドでレスター・シティと対戦。イングランド代表MFジェシー・リンガード、新加入FWズラタン・イブラヒモビッチのゴールによって2-1と勝利し、今季最初のタイトルを獲得した。

 モウリーニョ監督は試合後、バルセロナ時代に師弟関係を築き、昨季までユナイテッドを率いたファン・ハール前監督に対して感謝の言葉を述べている。

「まずはこの勝利をルイス・ファン・ハールに捧げたい。なぜなら、彼なしでは今日ここで祝杯を挙げることはできなかったからだ」

混迷のなか12季ぶりにFA杯を制す

 ユナイテッドは昨季リーグ戦で5位と不本意な成績に終わった。しかし、FAカップでは2004年以来12季ぶり12回目の優勝を成し遂げ、コミュニティー・シールドの出場権を獲得した。モウリーニョ監督は前任者の功績を称えた。

「彼はFAカップを勝ち取り、我々のカムバックの機会を与えてくれた。彼は私にさらなるトロフィー獲得のチャンスをくれた。これまでも多くの監督からもらったチャンスで、タイトルを獲得してきた。私がタイトルを取り、その後にクラブを去れば、誰も彼を思い出さないだろう。私はこのトロフィーを手にした時、私の前に優勝した監督を思い出す。このトロフィーは彼に捧げるよ」

 勝利にこだわる“優勝請負人”も、前任者への感謝を忘れていなかった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/8(月) 17:53

Football ZONE web