ここから本文です

裏コンセプトは“アイドル冬の時代”への備え!? 南波一海主宰レーベルお披露目ライブレポート

リアルサウンド 8/8(月) 20:37配信

 8月8日、タワーレコード新宿店にて『タワーレコード新レーベル“PENGUIN DISC”お披露目イベント』が開催された。

 同イベントは、音楽ライターの南波一海がタワーレコード内に主宰レーベル<PENGUIN DISC>を設立したことを受け、レーベル参加第1弾アーティストのハコイリ▽ムスメ、Peach sugar snow、RYUTistの3組のライブをお披露目するというもの。

 イベント冒頭にはレーベル全体のディレクションを務める南波がステージに登場。平日のお昼に開演ということで、「みなさんお仕事どうされてるんですか? お昼休み? 『TIF』休みですかね」と、イベント前日に開催されていた『TOKYO IDOL FESTIVAL 2016』に触れて笑いを誘い、ハコイリ▽ムスメを呼び込んだ。

 ハコイリ▽ムスメは、1980年代から1990年代のアイドル楽曲をカバーしながら、オリジナルソングも披露しているアイドルグループ。「今回<PENGUIN DISC>さんに参加させていただくということでハコイリ▽ムスメの世界観、音楽をたくさんの方にお届けできたらなと思っております」と神岡実希がコメントし、オリジナル曲の中から「レモネード・キッス」やメッセージ性のこもった楽曲「Let’s Party Time!」など夏の楽曲4曲を披露した。

 2番手に登場したPeach sugar snowは、山梨発ウィスパーボイスで歌う2人組アイドル。ショートチューン「PSSテーマ」に乗せてウィスパーボイスを披露すると、まだあどけなさの残る様子で自己紹介をしてみせた。メンバーの1人、山口サララは7月17日に新加入したばかりのメンバーだ。2人は8月16日に<PENGUIN DISC>からリリースするミニアルバム『キミと僕のwhisper』からマイクスタンドを使用した「キミと僕の雨の中」、アルバムリード曲の「私キミに恋してる」をパフォーマンスした。

 ラストは、新潟市中央区古町から生まれたアイドルユニット、RYUTist。オープニングSEでもある「RYUTiswing take3」で登場した4人は、8月2日にリリースしたばかりの2nd ALBUM『日本海夕日ライン』から海を彷彿とさせる爽やかな楽曲「日曜日のサマートレイン」を披露。MCにて佐藤乃々子は、「ハコイリ▽ムスメさん、Peach sugar snowさんと一緒に、私たちがずっとお世話になってる南波一海さんの新レーベルさん、PENGUIN DISCさんにRYUTistも参加することができて本当に嬉しいです」と感謝と喜びの言葉を伝え、RYUTistの一貫した「さん」付けに会場には笑い声が上がった。RYUTistのライブ恒例の「ゆるキャラさん紹介」を経て、最後にお決まりの楽曲「ラリリレル」でファンとの一体感を生み出しライブを締めくくった。

 最後は、RYUTistに加え、ハコイリ▽ムスメ、Peach sugar snow、南波が再びステージに登場。RYUTistの佐藤は、ハコイリ▽ムスメに対して「隣から可愛い視線が来てとても幸せなんです! 本当に可愛いくて、さっきも喋られてた時もキュンキュンして」と叫ぶと、ハコイリ▽ムスメの神岡は「(RYUTistのライブを)さっき後ろから観させていただいたんですけど、本当にすごくて学ぶことがたくさんあって、成長しないとだなって思いました」とコメント。それに対して南波は「なんでも『さん』を付けるといいんじゃない」と提案すると、神岡は「思ったんですよ。ハコムスよりも“箱”に入ってる」と指摘し会場は爆笑の渦に。ここで南波が「知らないかもしれないですけど」と切り出し、ハコイリ▽ムスメがRYUTistのホームである新潟で2マンライブをすることをサプライズ発表。これには2グループから「聞いてないんですけど!」と喜びの声が上がった。

 囲み取材では、南波が所属グループについて「3組とも音楽がユニークなのがセールスポイントかなと思っております。それとパフォーマンスですよね。観ていて楽しくなる、ワクワクする3組だと思います。よりたくさんの方に聴いてもらうために、レーベルを立ち上げましたので、頑張って広げていきたいと思っています」とコメント。さらに<PENGUIN DISC>のコンセプトと、レーベルカラーについて質問が及ぶと、「ペンギンが氷の上で身を寄せ合っているのは、『来たる、冬の時代を身を寄せ合って乗り切ろう』という……(笑)」と裏コンセプトを南波が明かし、会場が沸いた。続けて、「基本的にはもっとたくさんの人に知ってもらうべきだろうというところですね。カラーは特に考えていなくて、各アイドルさんがやりたい音楽をやってもらう。それを僕が広げるという立場です」とレーベルコンセプト、カラーについて語った。

 Peach sugar snowは、8月16日にミニアルバム『キミと僕のwhisper』をリリース。ハコイリ▽ムスメ、RYUTistのリリースについては後日発表される。今後、<PENGUIN DISC>がどのようなレーベルカラーを生み出していくのか。まずは、ハコイリ▽ムスメとRYUTistの2マンライブにてそれが見えるのかもしれない。

(▽はハートマーク)

渡辺彰浩

最終更新:8/8(月) 20:37

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。