ここから本文です

「ソンが出た、袖を捲り上げろ!」 米メディアがOA枠でリオ五輪参加の韓国代表エースを絶賛

Football ZONE web 8/8(月) 23:13配信

グループリーグで2試合2ゴールのソン・フンミン

 リオデジャネイロ五輪に参戦中の韓国代表FWソン・フンミンは、グループリーグで2試合連続ゴールを決め、決勝トーナメント進出に近づくチームの原動力になっていると、米メディア「SB Nation」が報じている。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 ソン・フンミンはオーバーエイジ枠として五輪代表に参加。プレミアリーグの開幕を間近に控えているが、「最初にトットナムに謝りたい。今季の開幕戦を欠場することになるからだ」と公にコメントを残しており、メダル獲得に闘志を燃やしていた。

 初戦のフィジー戦でチームは8-0と圧勝し、ソン・フンミンはPKで大会初ゴールを奪取。続くドイツ戦では、敵陣でボールを保持すると、相手を振り切りドリブルでボックス内に侵入すると、相手GKの股を抜く左足のシュートをネットに流し込んだ。

 記事では、アメリカのことわざである「Sun’out , guns out」(太陽が出た、袖を捲り上げろ)になぞらえ、「Son’s out , guns out」と紹介し、ソン・フンミンの活躍でチームが勢いづいていることを伝えた。

 現在、残り1試合で勝ち点4の首位と、ベスト8進出に前進している韓国にとって、OA枠で参加しているソン・フンミンの存在は不可欠なものとなっているようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/8(月) 23:13

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。