ここから本文です

ロナウジーニョ、1試合1000万円のメガオファーを拒否。豪州でのプレーは消滅

フットボールチャンネル 8/8(月) 18:00配信

 バルセロナやミランで活躍した元ブラジル代表FWロナウジーニョは、オーストラリアから届いたオファーを断ったようだ。7日付のスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 オーストラリア1部のウーロンゴン・ウルブスは、近々シドニーFCとのリーグカップ戦を控えている。そこでその試合に勝利するために現在無所属のロナウジーニョに1試合のみの出場として10万ドル(約1000万円)のオファーを提示。しかし、交渉は失敗に終わった。

 ロナウジーニョとの交渉について、ウルブスの代表者がオーストラリアの現地紙『イラワラ・マーキュリー』で明かしている。

「我々は好条件のように見えたオファーを提示したけれど、残念ながらロナウジーニョは断ったよ。ここで彼がプレーしてくれれば有り難かった。我々はそれを実現させようとして我々の商業パートナーと獲得を強く望んだが駄目だった」

 ロナウジーニョは、かつて欧州ではパリ・サンジェルマン、バルセロナ、ミランで活躍し、母国ブラジルではアトレチコ・ミネイロでクラブ史上初のコパ・リベルタドーレス制覇を達成し、史上8人目となる欧州&南米王者に輝いた。

 そして、昨年に1年半の契約を結んだフルミネンセと契約満了を迎えて退団。現在は無所属でエキシビションマッチのみでプレーすると報じられている。

フットボールチャンネル

最終更新:8/8(月) 18:40

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。