ここから本文です

バルサ、リバプールに0-4大敗も…指揮官は「全て予定通り」

フットボールチャンネル 8/8(月) 21:10配信

 バルセロナのルイス・エンリケ監督は、今季初の敗戦となったリバプール戦の結果にも全く心配していないようだ。7日付けスペイン紙『マルカ』が報じた。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 プレシーズンのリバプール戦を4-0と予想外の大差で敗北したバルセロナ。今季3試合目にして初めての敗戦を記録したバルセロナだが、L・エンリケ監督は「物事は予定通りに進んでいる。調子を上げている段階であり、心配していない」と語った。

 しかし、L・エンリケ監督はリバプール戦の敗退は「痛い負け方で、さらにスコアもひどいもの。我々のいい日ではなかった」と内容には不満を示し、「相手とは明らかにチームの出来に大きな差があった。我々はリバプールと同じレベルになかった」と完敗を認めている。

 プレシーズンながら早くも土がついたバルセロナ。チームへの悪影響が不安視されている。

フットボールチャンネル

最終更新:8/8(月) 21:14

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。