ここから本文です

スナップチャットの猛追に焦るFB インスタに導入の「パクリ機能」の歴史

Forbes JAPAN 8/8(月) 15:30配信

先日、フェイスブック傘下のインスタグラムが追加した新機能「ストーリー」は、スナップチャットのクローンと呼んでも差支えがないほどその機能は酷似している。名称だけでなく、写真や動画の編集機能や、投稿内容が24時間後に自動消去される仕組みまで同じだ。



スナップチャットはインスタグラムより3年早い2013年に「ストーリー」機能をリリースし、その後、2014年にキュレーション型コンテンツ「Our Story」の提供を開始した。ソーシャルメディアの世界では、これまでも各サービスがお互いの機能を模倣し合ってきた歴史がある。

例えば、フェイスブックは「フィード」を、ツイッターは「ハッシュタグ」を発明したが、これらの機能は今では他のSNSでも一般的に用いられている。しかし、最大のユーザー数を誇るフェイスブック(MAU=月間アクティブユーザーはフェイスブックが17億人、インスタグラムが5億人、ワッツアップとメッセンジャーがそれぞれ10億人)が他のアプリを真似るとユーザーはすぐに気が付き、大きなニュースになる。

インスタグラムはフェイスブック傘下とはいえ経営は独立し、自主的にプロダクト開発を行っているが、今回の一件からフェイスブックの今後の課題や、同社が考える今後のソーシャルメディアのトレンドをうかがい知ることができる。

ミレニアル世代利用者の獲得戦争

フェイスブックがスナップチャットを模倣した背景には、十代やミレニアル世代を中心とするユーザーの獲得競争がある。アップアニーの調査によると、1月から5月までのアップルストアとグーグルプレイの世界でのダウンロード数でインスタグラムは4位、スナップチャットは5位だった。

ユーザー数は、インスタグラムがMAU5億人、DAU(デイリーアクティブユーザー)3億人であったのに対し、スナップチャットのDAUはインスタグラムの半分程度だが、その数は急激に成長している。フェイスブックは何年も前からスナップチャットに注目しており、2013年には30億ドルで買収を持ち掛けたが、スナップチャットのエヴァン・スピーゲルCEOはこの提案を拒否した。

1/3ページ

最終更新:8/8(月) 15:30

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント