ここから本文です

【リオ五輪】「5失点の責任押し付けたくなかった…」指揮官が初戦と同じDF陣で臨んだ理由とは

SOCCER DIGEST Web 8/8(月) 15:44配信

ディフェンス陣の自信回復を優先した布陣に。

[リオ五輪グループリーグ第2戦]日本2-2コロンビア 現地8月7日/ブラジル・マナウス
 
 ナイジェリア戦で食らった5失点の反省を受けて、コロンビアの強力な攻撃陣をいかに封じるかは、この試合の大きなテーマとなったはずだ。手倉森誠監督は負けの許されない大一番で、初戦と同じディフェンスラインで臨んだ。

【PHOTO】スタジアムを彩る美しきサポーターたち





「このメンバーを選ぶ際にはいろんな考えがあった。ディフェンスラインを変えなかったのは、5失点の責任を押し付けるような替え方をしたくなかったから。俺はまだまだ戦っていくつもりでいるし、そう考えた時にまずはディフェンスラインの自信を回復させたかった。(ベンチスタートの)櫛引にも(GKの)ふたりは使い分けをしていくという話をした」
 
 選手のメンタル面をも考慮した布陣だった。5失点したから変えるのは簡単だが、この先の戦いを考えれば、必要な人材の自信回復こそが先決だと指揮官は考えた。しかも、代わって出場した選手が、また失点に絡めば、さらに自信を失う選手が増えてしまう。仮にそうなれば、「ディフェンスライン6枚が自信を失う可能性が出てきてしまう」。選手の心に寄り添う手倉森監督ならではのマネジメントだった。
 
 指揮官は、大会に臨むにあたり、選手たちに「いろいろ大きなものを背負わせてしまったかもしれない」と、反省の意を示している。
「モチベーションビデオとか、俺の言葉とかね。気張らせて気負わせてしまって。反省の言葉を選手たちにしゃべった」
 
 だが、手倉森監督は日本の選手たちの団結力、一体感こそが0-2からのドロー劇をもたらしたと感じている。
「日本の魂を示そうとやってきたけど、その前にこのチームの力を示さなければ日本の力は発揮できない。(選手たちは)仲間を信じて助け合い、チームのまとまりを示そうとしてくれた。だからこそ、追いつけた」
 
 そして、選手たちの反発力に大きな期待を寄せる。
「可能性を残したぶん、なにかしでかしそうな奴らだと思っている」
 
 自力での突破はなくなったが、指揮官はあくまでもポジティブに最終戦に向かう。

最終更新:8/8(月) 16:40

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。