ここから本文です

【リオ五輪】なぜ起こった? 藤春の痛恨オウンゴールの“真相”は?

SOCCER DIGEST Web 8/8(月) 17:49配信

「本当に覚えていないくらいで……クリアしようと思った時には足に当たっていた」

[リオ五輪グループリーグ第2戦]日本2-2コロンビア/現地8月7日/アレーナ・アマゾーニア
 
 65分、目を疑いたくなるような“まさか”の光景が起こった。

【リオ五輪PHOTO】コロンビアに2点をリードされるも、浅野と中島のゴールで引き分けに





 コロンビアのカウンターを受けた日本は、ドルラン・パボンに侵入を許したが、GK中村航輔が飛び出して足でシュートを弾き、ピンチを脱したはずだった。しかし、こぼれ球の先にいた藤春廣輝は、一瞬クリアするようなモーションを取ったがすぐに自重。転がって来たボールはそのまま右足に当たってゴール方向へ飛んだ。ゴールマウスに入った植田直通が懸命にかき出したが、ラインを割ったとの判定が下され、藤春のオウンゴールが記録された。
 
 1失点目からわずか6分、2失点目を喫した要因はどこにあったのか。まず、右SBの室屋成は次のように振り返る。
 
「(1点取られて)チーム全体が得点を取りに行こうとして、ちょっと前がかりになったなかでショートカウンターを食らってしまった。試合の流れをもう一回自分たちに持ってくることが重要だったので、あのなかで落ち着いて、正確に(パスを)つながないといけなかった。そこはチームとして反省しなきゃいけないところだと思います」
 
 では、ボールを掻き出しながら失点となってしまった植田はどのように思っていたのか。本人としては、藤春のミス云々よりも、自分がもう少し早く反応できていれば避けられたという。
 
「僕がもう少し早く判断できていれば、(ゴールを割らせなかった)というところでもありました。ちょっと悔いが残りますね」(植田)
 
 そして、最も気になるのが藤春本人の言葉である。試合後、ミックスゾーン(取材エリア)に姿を現わした背番号4は、目を真っ赤に腫らし、言葉を詰まらせながらやっとのことで答えを絞り出した。
 
「(失点の場面は)本当に覚えていないくらいの感じで。クリアしようと思った時には足に当たっていた……。迷いがあった? そうですね。みんなが『気にせんでいい』みたいな感じで言ってくれたし、何とか次につながったんで……」
 

1/2ページ

最終更新:8/16(火) 8:37

SOCCER DIGEST Web