ここから本文です

ローリン・ヒル、米テレビ番組でソウルフルな『Doo Wop』披露

ローリングストーン日本版 8/8(月) 17:30配信

8月6日(現地時間)に米PBCで放送された音楽番組『オースティン・シティ・リミッツ』で、ローリン・ヒルは『Doo Wop (That Thing)』を披露。

Black Lives Matterムーヴメントが問う、現代におけるヒップホップの意義とは

8月6日(現地時間)に米PBCで放送された音楽番組『オースティン・シティ・リミッツ(ACL)』で、ローリン・ヒルは1988年に発表した名曲『Doo Wop (That Thing)』を、激しく目のくらむような勢いあるアレンジで披露した。

さらにネット限定公開の映像では、ヒルは、ホーンセクションとスライドギターで全くのオリジナル曲に強化されたシンコペーション(強拍と弱拍の通常の位置関係を変えて、リズムに変化を与えること)を用いたナンバー『Mystery of Iniquity』の魅惑的なパフォーマンスを披露した。

ACLで、ヒルはこれまでの音楽活動のキャリアから、ソロ時代の曲とフージーズ時代の曲を合わせた9曲を披露した。およそ1時間にわたるライブ映像は、10月1日にポール・サイモンの出演から始まり、ロバート・プラント、イギー・ポップ、ベン・ハーパーなどの出演が決まっている、同番組の第42シーズンのプレビュー版だ。

ライヴツアーを発表

2016年4月、ヒルはアフリカやアフリカン・ディアスポラ(アフリカを離れて暮らす国民やコミュニティを指す)のアーティストやミュージシャンたちの活動を称えるイベント『ディアスポラ・コーリング!』を創設し、自身がヘッドライナーとして同イベントの発足会をブルックリンで開催した。8月3日(現地時間)、ヒルは8月27日(現地時間)のフィラデルフィアを皮切りとするライブツアー『MLH Caravan: A Diaspora Calling!』を発表した。

『MLH Caravan: A Diaspora Calling!』ツアースケジュール

8月27日:The Mann Center(ペンシルベニア州・フィラデルフィア)
9月1日:Ravinia(イリノイ州・シカゴ)
9月2日:The Fillmore(ミシガン州・デトロイト)
9月4日:First Avenue(ミネソタ州・ミネアポリス)
9月13日:The Louisville Palace(ケンタッキー州・ルイビル)
9月16日:Massey Hall(オンタリオ州・トロント)
9月18日:Hard Rock Live Rocksino(オハイオ州・クリーブランド)
9月22日:The Murat Theatre(インディアナ州・インディアナポリス)
9月24日:Chastain Park(ジョージア州・アトランタ)
9月25日:Tuscaloosa Amphitheater(アラバマ州・タスカルーサ)
10月1日:Wang Theatre(マサチューセッツ州・ボストン)
11月1日:Copley Symphony Hall(カリフォルニア州・サンディエゴ)
11月6日:McCaw Hall(ワシントン州・シアトル)
11月8日:Queen Elizabeth Theatre(ブリティッシュコロンビア州・バンクーバー)
11月12日:The Foundry at SLS(ネバダ州・ラスベガス)
11月13日:Comerica Theatre(アリゾナ州・フェニックス)

Translation by Yuka Ueki

Ryan Reed

最終更新:8/8(月) 17:30

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。