ここから本文です

石川恋のグラビア新境地「写真集のときより成長した姿を見せたい!」

週プレNEWS 8/8(月) 6:00配信

本格的な水着グラビアデビューから約1年4ヵ月。「ビリギャル」の原作表紙で一躍有名になったモデルの石川恋が、リオ五輪開催中にちなんだグラビアで新しい魅力を見せてくれた。

『週刊プレイボーイ』34・35合併号の表紙のテーマは「ブラジル感」。とはいえ、リオまでは行けなかったので、南の島グアムの日差しをたっぷりと浴びながら、夏らしいブラジルをイメージしたグラビアに挑戦した。

今回の撮影は、写真集『LOVE LETTERS』(集英社)とまったく同じスタッフ。約8ヵ月ぶりの再会となったが、石川は「懐かしいというより、正直すごく緊張しました」と振り返る。

「ありがたいことに、あの写真集は大好評をいただいているんですが、一方で皆さんの期待にもっと応えなきゃって思うようになって…。そう気負えば気負うほど型にはまっていく気がして、表現の幅に限界を感じていたんです。

そうしたなかで、今回の撮影が偶然入ることになって。写真集メンバーに成長した姿を見せなきゃと思う半面、『何も変わっていないじゃん』と思われるんじゃないかっていう不安もあったんですよね。だから、ファーストショットはめっちゃ緊張しました」

実際、成長した姿は見せられたのか?

「1日目の撮影は案の定、しっくりきませんでした。これはマズいって思いましたもん。なので、その日の夜の食事会で、正直にスタッフの皆さんに悩みを打ち明けたんです。やっぱりカメラマンさんも同じことを感じていたみたいで、本音でいろんな思いをぶつけたんです。

そのおかげで、2日目は気持ちがふっとラクになった。撮影が終わったときは、すごく寂しかったです。久しぶりに心から楽しめたし、もっとできたんじゃないかとも思ったから。今度は本当に成長した姿を見せたいですね」

多くの週刊誌グラビアがあるからこそ、「少しでも印象を残したい」と思うようになったという石川恋。そんな彼女の成長した姿、さらに現在の心境を正直に語ったインタビュー全文を月曜発売の『週刊プレイボーイ』34・35合併号でぜひご覧いただきたい。

(撮影/樂滿直城)

最終更新:8/24(水) 21:49

週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.51
12月5日(月)発売

特別定価470円(税込)

トランプが仕掛ける新条約が鬼すぎ!/アス
トンマーティンCEOを独占直撃!/スマホ
3大キャリアを卒業しよう【グラビア】馬場
ふみか/鈴木ふみ奈/松本愛/三城千咲 他