ここから本文です

日産が「SOFC」を搭載した世界初のFCVコンセプトカーをブラジルで公開

clicccar 8/8(月) 14:33配信

バイオエタノールから発電した電気で走行するという、新しい燃料電池自動車(FCV)の技術発表をしていた日産。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】

8月4日、世界初のFCV(プロトタイプ)をオリンピックが開催されているブラジルで発表しました。



バイオエタノールの普及で知られているブラジルで、しかも世界中の目が注がれているオリンピック開催中というジャストタイミング。

プロトタイプに搭載されている日産の新技術「e-Bio Fuel-Cell」は、エタノールのほか、天然ガスなどの多様な燃料と酸素との反応を利用して高効率に発電する固体酸化物型燃料電池(SOFC)を発電装置として搭載しているのが最大の特徴で、クルマの動力源として車両に搭載するのは今回が世界初です。

2016年6月に日産本社で開かれた技術説明会では、デリバリーなどの商用ユースバンを想定していて、近い将来、マスコミに試作車を披露、試乗する機会を提供したいというコメントもありました。



写真からも分かるように、同プロトタイプは、バッテリーEVである多目的商用バン「日産e-NV200」に、100%エタノールを燃料とする発電装置(SOFC)を搭載した特別仕様車。

「SOFC」により高効率に発生された電気が24kWhのバッテリーに蓄電され、600km以上の航続距離を実現しています。







日産では、ブラジルの一般道で同プロトタイプを使ってフィールドテストを実施し、技術や車両の市場性などを検証の上「e-Bio Fuel-Cell」のさらなる研究開発を推進するとしています。



「e-Bio Fuel-Cell」の特徴は、100%エタノールもしくはエタノール混合水が燃料。お酒のように持ち運び、保存、そして燃料供給がしやすく、トヨタMIRAIやホンダCLARITY FUEL CELLのように高純度の水素が不要で、インフラ整備のハードルもかなり低くなっています。

環境面では、サトウキビやコーンなど植物由来のエタノールを使うことで大気中のCO2の増加をゼロに近づけることが可能な「カーボン・ニュートラル・サイクル」を実現。

ほかにも、バッテリーEV同様に、停車時からの走り出しの良さやきびきびした走りなどやガソリン車並みの航続距離を可能としています。



(塚田勝弘)

最終更新:8/8(月) 14:33

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革