ここから本文です

皇后陛下 天皇の「国の象徴」という意義を共有されている

NEWS ポストセブン 8/9(火) 16:00配信

 平成においてその御代に、「日本国民統合の象徴」としての「在り方」を明確に示されてきた天皇陛下。御体調等の問題から、その象徴としての役割を果たせなくなるのではないかというご懸念が今回の「お気持ち」発表の背景にある。その思いは皇后陛下・美智子さまも同じなのではないか。文芸評論家の富岡幸一郎氏が解説する。

 * * *
 平成二十五年の誕生日に天皇はこう語られた。

《天皇という立場にあることは、孤独とも思えるものですが、私は結婚により、私が大切にしたいと思うものを共に大切に思ってくれる伴侶を得ました。皇后が常に私の立場を尊重しつつ寄り添ってくれたことに安らぎを覚え、これまで天皇の役割を果たそうと努力できたことを幸せだったと思っています》

 平成の巡幸は、この「寄り添ってくれる」皇后とともにする旅であり、国民の安寧を願う祈りの言葉はそこで共有されたのである。パラオでの晩餐会における天皇の挨拶の冒頭に、また本年一月のフィリピン訪問の際の晩餐会でも、「皇后と共に訪問できたこと」に深い感慨を覚えると語られていたが、平成の新しい皇室と国民との一体感をもたらされた美智子皇后の役割には、とても大きいものがあると思われる。

 平成二年に皇后が詠まれたお歌に、「神まつる 昔の手ぶり 守らむと 旬祭に発たす 君をかしこむ」とある。毎月一日、十一日、二十一日に行われる御祭祀の、各月一日にお出ましになり国の無事を祈願する天皇の姿を詠んだものである。大震災のように人間の力を超えた災厄に対して、天皇はその立場にあるからこそ祈念し、賢所に立つことができるのである。

 ご成婚前に天皇は、「皇太子という立場で、公務は一切の私事に優先する」と美智子様に語られたという。昭和五十四年、妃殿下であった皇后のお歌。「新嘗の み祭り果てて 還ります 君のみ衣 夜気冷えびえし」。宮中祭祀の貴さを皇太子妃として歌いつつ、夫としての「君」の「み衣」が夜気に冷たく濡れているのを気づかう妻としての心の思いが表現されている。

1/2ページ

最終更新:8/9(火) 16:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。