ここから本文です

及川光博の最新ワンマンショーを独占放送

Smartザテレビジョン 8/9(火) 18:46配信

8月11日(木・祝)夜10時よりWOWOWライブで「及川光博ワンマンショーツアー2016『Punch-Drunk Love』~祝☆20周年!!ハタチのミッチー~」が放送される。昨年デビュー20周年を迎えた“ミッチー”こと及川光博が全国15公演のアニバーサリーツアーを敢行。その中から6月18日に行われた神奈川県民ホールでのライブの模様を放送。

【写真を見る】デビュー20周年を迎えたミッチーの艶やかなステージは必見!

'96年にCDデビューし、音楽活動をしながら数多くのドラマ、映画、CMに主演し、俳優・タレントとしても大活躍中のミッチー。オンリーワンの存在感を放つ彼が、ことし3月にアルバム『パンチドランク・ラヴ』をリリースし、そのタイトルを引っ提げて20周年記念のツアーを行った。

6月18日の神奈川県民ホールでのオープニングは、定番の「バラ色の人生」で華やかなスタートを切ると、会場を埋め尽くしたファンは総立ちのダンスで、ミッチーを迎えた。

MCでミッチーが「愛してますかー?」と客席に呼び掛けると、「愛してまーす」と全員が一斉に応え、ミッチーのショーならではの熱いコール&レスポンスが展開。

続いて、トランペットなど金管楽器も含めたバンドと、女性シンガー、ダンサーたちと共に、ファンキーなステージを披露。『パンチドランク・ラヴ』の収録曲「ウィークエンド・ランデヴー」「DANCE A GO GO」「メロディアス」では、ダンサブルなステージに。そこから一転し、バラード「ココロノヤミ」ではピアノの伴奏のみをバックに、スポットライトの明かりの中、静かに歌い上げた。

後半戦では「ダンディ・ダンディ」「CRAZY A GO GO!!」などディスコ風のダンスナンバーで一気に盛り上げ、激しく踊るファンたちと一体となって本編を締めくくった。 

アンコールの1曲目はお決まりの「死んでもいい」で、ファンたちはポンポンを振りながらダンス。そこからラストの「Shinin' Star」まで、ミッチーは笑いを交えながらも全力投球で歌い踊り、華麗なターンやフィニッシュのポーズを決め、熱いステージは幕を下ろした。

「このお仕事を20年やってきて、幸せいっぱい。届けたいのは“魂”でございます。これからも人生に欠かせないときめきや、恋の切なさを伝えていきたい」と語ったミッチー。もはや音楽の域を超え及川光博の生き方そのものを表現した究極のエンターテインメントショーとなったこの最新ライブを、テレビの前で楽しもう。

最終更新:8/9(火) 18:46

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。