ここから本文です

シェイク シャック日本3号店が今秋オープン

東京ウォーカー 8/9(火) 20:05配信

サザビーリーグは、外苑いちょう並木店、アトレ恵比寿店に次ぐ新店舗として、ニューヨーク発のハンバーガーレストラン、Shake Shack(シェイク シャック)の日本3号店を、2016年秋に東京国際フォーラム内にオープンする。

【写真を見る】ホルモン剤を使わないアンガスビーフを100%使用したハンバーガーやフレンチフライなど人気メニューが満載

シェイク シャックは、2004年にニューヨーク、マディソンスクエアパーク1号店のオープン以来、ホルモン剤を使わないアンガスビーフを100%使用したハンバーガーや地域でセレクトしたビール、ワインを提供している新しいスタイルのハンバーガーレストラン。2014年度版Zagat NYCの「最も人気のあるニューヨークのレストラン」や、タイム誌の「歴史上、最も影響のある17のバーガー」など、数多くの受賞歴がある人気店だ。

東京の中心地、有楽町のランドマークでもある東京国際フォーラム1階に位置する新店舗は、路面のような開放感あふれる造り。天井や壁には、日本のヒノキやスギの古材を使用するなど、日本独自の特徴も盛り込むという。

シャックバーガーやシャックカーゴドッグなどの代表メニューに加え、濃厚なフローズンカスタードと、厳選したトッピングを高速でミックスしたオリジナルアイス「コンクリート」の店舗限定メニューも登場予定。この秋は、行列必至の人気店で“食欲の秋”を堪能しよう。【東京ウォーカー】

最終更新:8/9(火) 20:05

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。