ここから本文です

La PomPon、初めての始球式は奇跡の6人同時投球!?

Smartザテレビジョン 8/9(火) 22:15配信

9月7日(水)にニューシングル「想い出の九十九里浜/恋のB・G・M ~イマハ、カタオモイ~」をリリースする、6人組本格派ダンス&ボーカルグループ・La PomPonが、8月9日、千葉・QVCマリンフィールドで行われたプロ野球「千葉ロッテマリーンズ×東北楽天ゴールデンイーグルス」の始球式に登場した。

【写真を見る】HINAが投げた“魔球”はワンバン?ツーバン?それともノーバン?

今回、シングルのタイトルにちなみ“九十九里浜海岸”で地元の撮影協力の下、ミュージックビデオが撮影されたこともあり、メンバー6人は今回撮影させてもらった九十九里浜海岸をはじめ、温かく迎えてくれた千葉県民に感謝の思いを届けたいということから、千葉ロッテマリーンズ球団へアプローチ。今回の始球式が実現した。

始球式前には、入団2年目の関谷亮太選手と投球練習をさせてもらったメンバーの赤担当・HINA。

準備万端で始球式に挑んだメンバー全員が、千葉ロッテマリーンズのユニホームに身を包み、「九十九里浜」にちなんで背番号「99」を着用して登場。

さらに、今回初めてとなる始球式で、La PomPonメンバー6人が考案した“新魔球”をQVCマリンフィールドを埋め尽くした観客の前で初披露した。

この新魔球は「6人が一斉に投球モーションをスタートさせ、誰が投げるのか分からない状況を作り出し、バッターをきりきり舞いにする」という投球法だ。

キャッチャーをことし入団したゴールデンルーキー・平沢大河選手が務め、バッターボックスには荻野貴司選手が立ち、球団屈指のイケメンたちを相手にHINAが新魔球を披露。思惑通り2人を錯乱させ、見事空振りに仕留めた。

投球後、実際に投げたHINAは「点数をつけるなら、ワンバウンドしたんですが楽しめたので99(九十九)点です!」と興奮冷めやらぬ表情ながら、新曲のタイトルにちなんだ点数をつけて心境を語った。

そして、7回裏のラッキーセブンでは、千葉ロッテ・マリーンズの公式チア・パフォーマー、M☆Splash!!と共に、応援歌「WE LOVE MARINES」で爽やかなダンスを披露するなど、始球式後もキュートなユニホーム姿でファンの前に立ったLa PomPon。

今回のシングルを引っ提げて実施中のリリースイベントも中盤に差し掛かり、浜風もとい“マリンウインド”に乗ってますます勢いが加速した彼女たちの今後にも期待したい。

最終更新:8/21(日) 14:08

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ