ここから本文です

伊藤忠商事でお仕事体験 課題解決力と「3つの心得」学ぶ

オルタナ 8/9(火) 16:05配信

伊藤忠商事とキッザニアを運営するKCJ GROUPは8月4・5日、小学生向けの職業体験「Out of KidZania(アウトオブキッザニア)伊藤忠商事」を同社の東京本社で開いた。この取り組みは、小学生に商社の仕事体験を通して、勤労観を育むことが狙い。同社の次世代育成を目的としたCSR活動の一環として開かれ、今年で3回目を迎える。小学生たちは、商社パーソンとして様々な難題の解決に取り組み、大切な3つの心得を学んだ。(オルタナS副編集長=池田 真隆)

この取り組みの名称は、「Out of KidZania 伊藤忠商事 新技術でビジネスを生み出す職業体験」。同社と子ども向けの職業体験施設「キッザニア東京」を運営するKCJ GROUP(東京・千代田)が企画した。

同日は、事前に公募で選ばれた全国の小学4~6年生30人が参加。なかには、米国や京都など、遠方から参加した子どももいた。小学生たちは8月4・5日の2日間限定で、伊藤忠商事のキッズ商社パーソンになった。

特徴的なのは、通常の社会科見学とは異なり、子ども達の目線で新たなビジネスプランを提案するという点だ。取り扱うテーマは、実際に伊藤忠商事が取り扱う様々な業態の中から子ども達にとって身近なものを選んだ。次世代育成の一環で行われ、子どもたちの課題解決力を伸ばすことが目的である。

過去には瞬足のブランドビジネスや、ファミリーマートのコンビニビジネスなどをテーマに行ってきたが、3回目となる今回のテーマは、商社パーソンとして「新技術でビジネスを生み出す職業体験」。

ミドリムシを用いた商品開発や研究開発などを行うユーグレナ(東京・港)と協力し、ミドリムシを使った食品の新規商品を考えてもらうプログラムだ。

1日目は、ベンチャー投資やミドリムシの特性や効果について学んだ。ユーグレナは伊藤忠商事からの出資を契機に事業が拡大したこともあり、子ども達は商社パーソンとしてベンチャー企業への投資判断を行うワークショップを体験。

日本で初めて小学生で社長になったケミストリー・クエストの米山維斗社長もゲストスピーカーとして登場し、自らの体験を踏まえ、起業の経緯や、他社から出資を受けた立場としてベンチャー投資について話をした。

初日午後は、ミドリムシについて学んだ。顕微鏡での観察や、試食も行った。ミドリムシはワカメや昆布と同じ藻の一種で、植物と動物両方の性質を持つ。

ビタミンやミネラル、DHA(ドコサヘキサエン酸)など59種類の豊富な栄養素を含む。バイオ燃料の原料にもなるので、地球上の食料問題や環境問題の解決の一助を担う素材として注目されている。

これらのミドリムシの特徴等を踏まえ、子ども達には2日目に大きなテーマが与えられた。それは、「世の中の問題を解決するミドリムシを使った新商品と販促案を考えよ」。

6人1グループに分かれ、ミドリムシがどのような世界の課題を解決するか、そしてそれはどんな食品か、その商品と特徴、販促方法、メインターゲットなどを、自身の体験や、競合の商品を調べながら子どもたちが話し合った。

小学生たちは、企画して終わりではない。この取り組みの最後に、プレゼンテーションを行う。プレゼンの相手は、伊藤忠商事のユーグレナ商品企画担当者やユーグレナのマーケティング部の担当者など、実際にユーグレナの商品開発や販売に携わる社員だ。

1/2ページ

最終更新:8/10(水) 10:46

オルタナ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「持続不可能」な漁業との決別
なぜ待てない? 資源の回復に必要な「我慢」
違法漁業や人権侵害、高まる企業リスク
ビジネスで追及する「真の美しさ」とは

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。