ここから本文です

アーセナル、ガブリエウも負傷でCB不足の緊急事態。マンC戦で足首を捻挫

フットボールチャンネル 8/9(火) 7:00配信

 アーセナルに所属するDFガブリエウ・パウリスタが、現地時間7日に行われたマンチェスター・シティとのプレシーズンマッチで負傷した。8日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 同紙によると、シティ戦でガブリエウが足首を負傷したとのこと。アーセン・ヴェンゲル監督は「確かにそれは足首の捻挫のようだが、負傷がどの程度悪いのか我々は待つ必要があるだろう」と語り、詳しい診断結果を待っていることを明かしている。場合によっては長期離脱する可能性もあり、リバプールとの開幕戦に間に合わないかもしれない。

 アーセナルではすでに、CBペア・メルテザッカーが長期離脱し、CBロラン・コシエルニーもEURO2016の疲れからヴェンゲル監督が開幕戦で起用しないことを明言している。今夏の移籍市場で20歳のCBロブ・ホールディングを獲得したとは言え、さらにCBを補強する必要があるだろう。

フットボールチャンネル

最終更新:8/9(火) 7:16

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。