ここから本文です

「フジハルからの贈り物」 米メディアもコロンビア戦の痛恨オウンゴールを報じる

Football ZONE web 8/9(火) 8:31配信

反撃態勢に入るなかで喫したまさかの2失点目

 リオデジャネイロ五輪グループリーグ第2戦のコロンビア戦でDF藤春廣輝が喫した衝撃的なオウンゴールは、日本だけでなく世界でも報じられている。米放送局「NBC SPORTS」は、「コロンビアはフジハルからの贈り物で2点目を得た」と報じている。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 コロンビア戦、日本は試合の主導権を握りながらも後半14分にMFテオフィロ・グティエレスに先制点を許した。そしてその6分後、日本中がまさかのシーンを目の当たりにした。

 コロンビアMFアーレイ・ロドリゲスのシュートをGK中村航輔が弾いたこぼれ球に対し、藤春がクリアか見送るか判断に迷ったところでボールを右足に当ててしまい、DF植田直通のクリアも及ばずオウンゴールと判定された。

 反撃態勢に入ろうとするなかでの痛恨の2失点目となったが、同局はまさかの失点シーンについて詳細に触れている。

「先制点から3分後、コロンビアはヒロキ・フジハルからの贈り物で2点目を得た。ナカムラがロドリゲスのシュートを足でかき出し、フジハルは跳ね返りをクリアしようとしたが、彼の体を越えてボールは転がっていった。彼はぎこちない動きで、自陣のゴールへボールを戻す選択をした。味方DFはそれをクリアしようとしたものの、ラインを越えてしまい、コロンビアは2-0となった」と事細かに描写し、まさかのオウンゴールを伝えている。前半から相手アタッカーに反転されてシュートを放たれるなど、この日の藤春は安定感を欠いており、終盤にはDF亀川諒史と交代させられた。

 試合はFW浅野拓磨、MF中島翔哉のゴールで2-2のドローとして第3戦のスウェーデン戦に決勝トーナメント進出への可能性を残したが、傷心の藤春に汚名返上のチャンスは巡ってくるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/9(火) 8:31

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。