ここから本文です

リオオリンピックを楽しむための「究極のアイテム」8選

WIRED.jp 8/9(火) 12:42配信

2016年の夏期オリンピックは、見逃せないオリンピックになるだろう。
その理由は、競技の質やあなたのハンマー投げに対する興味とは関係ない(もちろん質が高いことを期待したいが)。リオオリンピックを避けるのが困難なのは、あなたのもつあらゆるデヴァイスで鑑賞ができるからだ。『WIRED』US版がおすすめするオリンピックを楽しむための8つのアイテムを紹介(以下リンクより、すべてをご覧いただけます)。

【すべてを見る】4KやVR、ラジオもいいかも!

1.ストリーミングは欠かせない。

スマートフォンやタブレット、ゲーム機でオリンピックを観るための無料/有料のオプションは豊富だ。NBCOlympics.comではお使いのブラウザですべて鑑賞できる。アプリ『NBC Sports』は、iOS、アンドロイド、Windows Phone、Roku、Amazon Fire TVやXboxに対応している。高い買い物がお望みなら、「SlingTV」(月額25ドル)や「PlayStation Vue」(月額30ドル)ではケーブル局のような放送を提供している。

TIM MOYNIHAN

最終更新:8/9(火) 12:42

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。