ここから本文です

「もう一度最高のタクマを…」 英紙が手倉森J“8強進出のキーマン”に2戦2発の浅野を指名!

Football ZONE web 8/9(火) 12:44配信

第3戦のスウェーデン戦を展望 アーセナル移籍の“ジャガー”に注目

 リオデジャネイロ五輪参戦中の手倉森ジャパンの命運を握るのは、やはり2試合連続ゴール中のエースFW浅野拓磨ということになるのだろうか。今夏、浅野の加入が決まったアーセナルが本拠地を構えるロンドンの地元紙「ロンドンイブニング・スタンダード」は、負ければ敗退となる第3戦のスウェーデン戦で「日本を救うにはもう一度最高のタクマ・アサノが必要」と特集している。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 日本はここまで1分1敗の勝点1でグループ3位。2位までが決勝トーナメント進出となるが、すでに自力突破の可能性が消滅している日本はスウェーデン戦で勝利しても、コロンビアがナイジェリアに勝利すれば敗退が決まる。引き分けの場合もコロンビアの結果次第となるため、突破の可能性を高めるためには是が非でも勝利が求められる状況となっている。

 浅野は4-5で敗れた初戦のナイジェリア戦、2-2でなんとか勝点1を拾った第2戦のコロンビア戦でそれぞれ得点を決めている。最大の武器である圧倒的なスピードは五輪の舞台でも相手の脅威となり、日本の多くのチャンスを演出している。今夏のアーセナル移籍が決定済みで、乗りに乗っている“ジャガー”の活躍にはロンドンの地元メディアも注目している。

 「ロンドンイブニング・スタンダード」紙は日本対スウェーデン戦のプレビューを公開。やはり浅野にスポットを当てて、日本の決勝トーナメント進出のキーマンになると予想している。

「日本の早期敗退はアーセナルにとって…」

「この夏、アーセナルが獲得したタクマ・アサノはリオ五輪ですでに2得点を決めているが、日本がスウェーデンを破って準々決勝にたどり着くためにはもう一度、彼の最高の姿が必要になる」

 日本はスウェーデンに敗れれば、その時点でリオでの戦いの幕が閉じる。同紙は「敗れることはタクマが早々に姿を消すことを意味するが、アーセン・ベンゲル監督はこのところ多くの負傷者問題を抱えるチームで、調子のいいストライカーを起用できることになり、それほど悪い結果だとは考えていない」とレポートしている。

 EU外国籍選手の労働許可の問題から、イングランドでプレーできるか不透明な状況となっている浅野だが、現地メディアもその活躍ぶりには注目しているようだ。

 浅野がリオ五輪で決めた2得点は、いずれもチームがビハインドの状況で生まれたもの。トレードマークの「ジャガーポーズ」も、ここまでは封印している。スウェーデン戦で日本を決勝トーナメント進出へと導く3試合連続ゴールを決めて、世界に“ジャガー”の名を轟かせることができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/9(火) 13:16

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。