ここから本文です

駅の乗換案内表示「○○線まで950m」はウソ?実際の歩行距離はもっと全然長かった!

Business Journal 8/9(火) 6:04配信

--この連載企画『だから直接聞いてみた for ビジネス』では、知ってトクもしなければ、自慢もできない、だけど気になって眠れない、世にはびこる難問奇問(?)を、当事者である企業さんに直撃取材して解決します。今回は林賢一氏が、地下鉄の案内表示に関する謎に迫ります。--

【ご回答いただいた企業】
東京メトロお客様センター

 地下鉄で、乗り換えの距離が長いと気分が萎える。そんな経験がたくさんある。東京地下鉄(東京メトロ)の通路を歩いていると、このような案内表示を目にする。

「○○線まで950m」

 もはや1kmだ。ちょっとした散歩になるので体にとっては良いのだろうが、急いでいるときなどは、やはり困ってしまう。

 だがきちんと数字を出してくれているだけありがたいともいえる。もし、こんな表記だったらどうだろう。

「○○線まで、もうちょっと」

 これでは困る。ふわっとしていて戸惑ってしまう。では、これならどうだろう。

「○○線までレモン5000個分」

 ビタミンドリンクじゃあるまいし、まったくイメージできないから困る。逆に、こんな感じだったら笑ってしまう。

「○○線まで、つけるかな?」

 挑戦状である。「そんなイタズラ心はいいから、正確な距離を教えろ!」と怒ってしまう。それゆえに、きちんとした数字で表示してくれるのはとてもありがたいのだが、ここで疑問が湧き上がる。

 この「○○線まで950m」というのは、正確にはどこまでを指しているのだろうか。ホームか、改札口か、それともホーム中央までなのか。

 さらに、乗り換えるまでには階段や複雑に入り組んだ動線もたくさんある。これらの距離は「○○線まで950m」の中にきちんと反映されているのだろうか。うーん、気になる。

●案内表示は不正確?

 そこで、東京メトロお客様センターに直接聞いてみた。

「乗り換えまで『あと100m』などと表示されていますが、どこまでの距離を指しているのですか?」

担当者 標識のある場所から、実際にお客様がご乗車いただくホームまでの距離でございます。

--それは直線距離ということでしょうか。

担当者 はい。距離を直線で結んで出していますので、実際は階段があったりするため、移動距離は斜めになってしまったりします。したがって、実際に歩く距離は若干伸びてしまったりするとは思います。

1/2ページ

最終更新:8/9(火) 6:04

Business Journal

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。