ここから本文です

【アレンジ自在】オーブンなし! ゼラチンで作る「ふるふるプリン」

エイ出版社 8/9(火) 17:50配信

夏のおやつにデザートに、ぜひどうぞ

オーブンを使わず、ゼラチンで冷やし固めるだけのお手軽プリン。ふるふるとしたなめらかな食感とやさしい味わいは、子どもも大人もやみつきになるおいしさ。基本の作り方を覚えれば、アイデア次第でいろいろなゼラチンプリンが簡単に作れるのもうれしい。夏のおやつにデザートに、ぜひどうぞ(著:下迫綾美『ゼリー、ムース、プリン、ひんやりスイーツがいっぱい! 冷たいデザートの本』より)。

まずは基本をマスター!「ふるふるプリン」の作り方

なめらかでソフトな食感のプリンと、水分を多めに加えて作るゆるめのキャラメルソースが好相性。とろりとかけていただこう。

[材料](18.8cm×25.2cm×4.8cmのバット1個分)
卵黄 4個分
グラニュー糖 100g
牛乳 600ml
生クリーム 200 ml
粉ゼラチン 15g
水 60ml
※以下、キャラメルソース用
グラニュー糖 80g
水 20ml
熱湯 50ml

[準備]
・粉ゼラチンは水にふり入れ、冷蔵庫でふやかしておく
・キャラメルソースを以下の要領で作り、冷やしておく。
≪キャラメルソースの作り方≫
鍋にグラニュー糖と水を入れて弱火にかける。キャラメル色になったら火を止め、熱湯をゴムべらに伝わせながら2~3回に分けて加えて混ぜる。ゴムべらで鍋の底に線が引けるくらいにとろみがついたら完成。

[作り方]
1. ボウルに卵黄を入れて泡立て器で溶きほぐし、グラニュー糖を加えて混ぜる。
2. 鍋に牛乳、生クリームを入れて中火で沸騰直前まで温めたら火を止め、ふやかしたゼラチンを加えて溶かす。
3. [2]の粗熱が取れたら[1]に少しずつ加え、そのつど泡立て器で混ぜる。目の細かいざるなどで別のボウルにこす。
4. ボウルの底に氷水をあてて混ぜながら冷まし、とろみがついたらバットに流して冷蔵庫で冷やし固める。食べる直前にキャラメルソースをかける。

おもてなしにもぴったり。3つのアレンジ「ゼラチンプリン」

◎ミルクプリン
卵なしで作れば、懐かしい味わいのミルクプリンに。写真のように好みのフルーツをトッピングするだけで、おもてなしにも喜ばれるおしゃれなデザートに大変身。

◎抹茶プリン
卵黄の代わりに抹茶を使うと、ちょっとほろ苦い大人味の和風プリンに。柚子のシロップをかければ、またひと味違った味わいが楽しめる。

◎マンゴープリン
大好きなマンゴープリンも、ピューレを加えるだけで簡単に完成。よりフレッシュで濃厚な風味を楽しみたいなら、ぜひ生マンゴーで。

キッチンにあるバットやカップで手軽に作れるのに、味は本格派のゼラチンプリン。いろいろアレンジして、夏のおやつ作りを楽しもう!


(エイパブ編集部・ヨシダ)

最終更新:8/9(火) 17:50

エイ出版社

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。