ここから本文です

EUROで大失態のホジソンが監督業引退? 中国からの年俸11億円オファーも拒否か

Football ZONE web 8/9(火) 14:58配信

迷采配でイングランド16強敗退 辞任後に2クラブから好条件オファー

 欧州選手権(EURO)終了後にイングランド代表監督を辞任していたロイ・ホジソン氏は、中国とプレミアリーグのクラブからオファーを受け取っていたが、これらを断り、監督業引退に向かっているという。米スポーツ情報サイト「bleacher report」が報じた。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 ホジソン監督は4年前のEURO2012直前に、ファビオ・カペッロ監督の後任としてイングランド代表監督に就任。EURO2012では準々決勝敗退、2014年ブラジル・ワールドカップでグループステージ敗退と大舞台で立て続けに結果を残せなかった。

 EURO2016に向けた予選を10戦全勝で勝ち抜け、今年3月に行われた親善試合では世界王者ドイツを3-2で撃破するなど、史上最強との呼び声も高いなかで本大会を迎えた。しかし、決勝トーナメント1回戦で初出場のアイスランドに1-2で敗れる大失態を喫し、試合終了直後に辞任を表明。大会前にはほとんど試すことのなかった4-3-3システムを急きょ採用したのに加え、ストライカーのFWハリー・ケイン(トットナム)をCKのキッカーに指名したことや、不調のFWラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)の起用に執拗にこだわるなど、不可解な采配に批判が集中した。

69歳になる老将はこのまま監督業引退か

 8月に入り、英紙「デイリー・メール」では“爆買い”で話題の中国スーパーリーグのクラブからオファーが届いていると報じられた。イングランド代表監督時代に受け取っていた年俸350万ポンド(約4億7000万円)の倍以上となる800万ポンド(約11億円)という破格の条件だったという。

 最新の情報では、プレミアリーグのあるクラブからも好条件で打診を受けたようだが、ホジソン監督はこの2つのオファーをいずれも断ったとされている。8月9日に69歳の誕生日を迎える老将は、どうやらこのまま監督業から引退することが濃厚のようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/9(火) 14:58

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。