ここから本文です

『傷だらけの悪魔』、足立梨花がイジメの復讐に合う様子とらえた場面写真公開 追加キャスト発表も

リアルサウンド 8/9(火) 17:10配信

 「comico」にて連載中の人気漫画を実写映画化した『傷だらけの悪魔』より、追加キャスト情報と場面写真が公開された。

 澄川ボルボックスによる同名漫画を原作とした本作は、イジメをテーマとした女子高生のリアルを描いた作品。親の都合で東京から田舎の高校に転校した葛西舞は、中学時代に舞のグループが酷いイジメを行っていた小田切詩乃と再会する。舞への復讐を決意する詩乃と、舞のクラスメイトを巻き込んだバトルが始まるーー。

 主人公の葛西舞を足立梨花、小田切詩乃を江野沢愛美が演じるほか、クラスメイト役には加弥乃、岡田結実、藤田富、小南光司らが名を連ねる。星野源や乃木坂46のMVを手がけた山岸聖太がメガホンを取った。

 このたび、舞たちの担任・大瀬戸翠役の宮地真緒、舞の母親・葛西京子役の川原亜矢子に加え、仲谷香春、芋生悠、高野海琉、中島愛蘭、La PomPonのYUKINO、花影香音ら若手俳優たちの出演が新たに発表された。

 あわせて公開された場面写真には、足立演じる舞と、江野沢演じる詩乃が対峙するシーンなどが収められている。足立と江野沢からはクランクアップ報告のコメントが寄せられている。

■足立梨花(葛西舞役)コメント

無事に撮影が終わりまして……いろいろな気持ちを持ちながら撮影をしていたので、ホッと一安心しました。映画ならではの舞ちゃんをみなさんに見てもらうのが楽しみでもあり不安でもあります。ただ、みんなで考えて、ものすごく悩んだ作品なので待っていてくれると嬉しいです。

■江野沢愛美(小田切詩乃役)コメント

お芝居がこんなにも難しく、自分とは真逆の性格の役でたくさん悩みましたが、とてもやり甲斐があり毎日が刺激的な日々でした。みんなで必死に必死に頑張って出来上がる作品なのでぜひ期待してください!

リアルサウンド編集部

最終更新:8/9(火) 17:10

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。