ここから本文です

若林「“本当の春日と若林”がにじみ出ているのではないかと」オードリー5年ぶりの新刊『オードリーの悪いようにはしませんよ。ゆるっと7年史』

ダ・ヴィンチニュース 8/9(火) 17:30配信

 2008年から2016年まで足かけ7年にわたり『TVぴあ』に掲載されたオードリーの連載をテーマ別に厳選凝縮した、『オードリーの悪いようにはしませんよ。ゆるっと7年史』が2016年9月1日(火)に発売される。

 「オードリーの悪いようにはしませんよ。」は、読者からの質問にオードリーの2人が掛け合いで答えており、2011年4月には書籍第1弾が発売されている。第2弾となる今回は、計162回におよぶ連載の中から、「相方編」「仕事編」「プライベート編」「女性編」「妄想編」「読者からのお悩み編」のテーマ別に厳選した回を収録。連載開始当初の「オードリーはどうやって結成されたの?」という質問に答える初々しい2人や、「本気でケンカをしたらどっちが勝つと思いますか?」という質問で子どものように張り合う2人、「理想のおじさん像」を聞かれ前向きに答える春日と後ろ向きな若林など、どのページを切り取っても、そのときそのときのオードリーを楽しむことができる一冊だ。

 さらに、2人の過去写真とともに振り返る年表や、連載時のスペシャル版も。そして前回同様、まえがきは春日、あとがきは若林が担当。春日は「春日のすべてをここに置いてきました」、若林は「“本当の春日と若林”がにじみ出ているのではないかと」と語っている。同書のために、改めて2人が「悪いようにはしませんよ。」について語るこのページも見逃せない。

※掲載内容は変更になる場合があります。

最終更新:8/9(火) 17:30

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。