ここから本文です

チケット100万枚が売れ残り!? 開幕迎えたリオ五輪を数字で紹介

Forbes JAPAN 8/9(火) 7:00配信

南米で初の開催となる第31回夏季五輪リオデジャネイロ大会が8月5日、開幕した。市中心部にあるマラカナン競技場で行われた開会式で幕を切った今大会のさまざまな事柄を数字で紹介する。



■競技関連

42:試合が開催される競技の種目数
306:試合が開催される競技数
37:競技会場数
161:男子選手が受け取るメダルの総数
136:女子選手が受け取るメダルの総数
9:男女混合競技のメダル数(バドミントン、テニスのダブルスなど)
8,400:バドミントンの試合向けに用意されたシャトルの個数
3万2,000:テニスの試合向けに用意されたボールの個数
6:金メダル1個当たりに使われている金のグラム数(持続可能性に関するリオ五輪大会実行委員会の方針に従い、92.5%は電子機器などからリサイクルされた銀を使用)
100万(ドル):ウクライナのウラジミール・クリチコが2014年、1996年五輪で獲得した金メダルをオークションに出品した際の落札価格(過去最高額)。

■選手

205:参加国・地域数
1万1,384:参加選手数
10:初めて結成された「難民選手団」に選ばれた人数(国別の内訳は以下のとおり)
 1人 エチオピア:マラソン選手
 2人 コンゴ民主共和国:柔道選手
 2人 シリア:競泳選手
 5人 南スーダン:陸上選手
45:選手に占める女子の割合(過去最多)
7:女子選手の数が男子選手を上回った国の数(かっこ内は女子選手数、男子選手数の順)
 米国(292人、262人)
 プエルトリコ(27人、14人)
 カナダ(187人、126人)
 オーストラリア(212人、207人)
 中国(256人、160人)
 ニュージーランド(100人、99人)
 バーレーン(19人、17人)

■費用など

46億ドル(約4,693億円):競技開催にかかる費用
51%:開催費用の予算超過率(8月5日現在)
110億ドル超:(約1兆1,222億円超) 最終的な開催費用の見通し(200億ドルとの試算もある)
90億ドル超:見込まれる収入(赤字額は20億ドル)
11社:「ワールドワイドスポンサー」契約を結んだ企業数
20回:コカ・コーラが上記契約を結んだ回数(1928年以来連続で契約、過去最長)。
--{ティースプーン3杯が命取りに? }--
■試合などの中継関連

1,000台:試合中継その他に使用されるカメラの台数
7,000時間:オリンピック放送機構(OBS)が高解像度カメラで撮影する時間
12社:VR映像の配信を行うオリンピック放送権者の数。

VR映像が配信される史上初の五輪となった今回、例えば米国内でのテレビ放送権を持つ同国のネットワークの1社、NBCは自社の有料視聴契約者のうちサムスン電子のスマートフォンGalaxyを利用するユーザーに対し、でゴーグル型のHMDを装着すれば360度全方向が仮想現実の世界になる動画視聴アプリを提供している。

■懸念事項

8万5,000人:開催期間中に動員される警備担当者の数(2012年のロンドン五輪のおよそ二倍)
2万6,000件:ジカ熱ウイルス感染のリオ市内での報告件数(今年1~3月)
32トン:ボートとカヌーの競技会場となっている湖で処分された魚の死骸の量
3杯(ティースプーン):飲んでしまったら病気になるとされるセーリング競技の会場となっているグアナバラ湾水の量
1万7,000トン:五輪開催期間中に出ると予想されるごみの量
3,000世帯:五輪関連の建設プロジェクトで立ち退きを迫られた世帯の数
100万枚:発行されたチケット総数750万枚のうち、売れ残っている枚数

■その他

50億人:世界中で五輪の試合をみると推測される人の数
200か国:試合を放送する国の数
85%:試合中継などの二次的な視聴方法としてスマートフォンやタブレットを使用するとみられる人の割合
79%:米国のミレニアル世代のうち、ライブのオンライン動画で試合を観戦するとみられる人の割合
80万人:リオ五輪の公式アプリ「Rio 2016」をダウンロードした人の数
500万:リオ五輪大会実行委員会の公式アカウントのソーシャルメディアのフォロワー数
13ドル:最安値のリオ五輪関連イベントの入場料
42個:選手らに配布されるコンドームの数(一人当たり、五輪史上最多)

<出典>
国際オリンピック委員会(IOC)、Rio2016.com(リオ五輪公式サイト)、米オリンピック委員会(TeamUSA)、ブラジル公的五輪機関(Public Olympic Authority of Brazil)、フォーブス(Forbes)、アドウィーク(Adweek)、AP通信、ファクトセット(FactSet)、フーキット(Hookit)、ルビコン・プロジェクト(Rubicon)、スタティスタ(Statista)、ウォレットハブ(WalletHub)、Wmnsportsworld、ゼニスオプティメディア(ZenithOptimedia)

Christina Settimi

最終更新:8/9(火) 7:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。