ここから本文です

アップルがまたもやAIの米新興企業を買収

JBpress 8/9(火) 6:00配信

 複数の海外メディアの報道によると、米アップルはマシンラーニング(機械学習)やAI(人工知能)の技術を手がける、トゥリ(Turi)という米シアトルの新興企業を買収したという。

■ 買収金額は約200億円

 シアトルのテクノロジーニュースサイト、ギークワイヤー(GeekWire)によると買収金額は2億ドル(約204億円)。

 アップルはこの買収について正式な声明を出しておらず、メディア取材に対しての返答はいつものとおり、「我々は時折、規模の小さな技術企業を買収するが、多くの場合その目的や計画については述べない」というもの。

 だが、これはいつものとおり買収の事実を認めたも同然の返答だと米アップルインサイダーの記事は伝えている。

 米ウォールストリート・ジャーナルなどによると、アップルが今回買収したとされるトゥリは、かつて「Dato」や「GraphLab」の名称で知られていた企業。

 最高経営責任者(CEO)のカルロス・ゲストリン氏は、米アマゾン・ドットコムのジェフ・ベゾスCEOの寄付によって設けられた、ワシントン大学のマシンラーニング教授職に就いた人物。同氏はコンピュータ科学・エンジニアリングの准教授でもあるという。

 そして同社は企業などがマシンラーニングのアプリケーションを開発できるようにするソフトウエアプラットフォームを提供している。

 ウォールストリート・ジャーナルによると、これはコンピュータが明確なプログラム命令を必要とすることなく、大量のデータを基に推測し自ら学習するソフトウエアを作るための技術。

■ 「Siri」「Apple Music」「App Store」に生かす? 

 アップルインサイダーによると、トゥリはこのほか、レコメンデーション(推奨)エンジン、感情分析、解約予測、クリックスルー予測などに使うソフトウエアを手がけている。

 いずれもアップルにとって重要と考えられる技術で、同社はこれらを、音声アシスタントサービスの「Siri」や定額制の音楽配信サービス「Apple Music」、アプリ配信サービス「App Store」などに利用する可能性があるとアップルインサイダーは伝えている。

1/2ページ

最終更新:8/9(火) 6:00

JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。