ここから本文です

高杉真宙「テンションが上がって飛びたいと思いました」

Smartザテレビジョン 8/10(水) 6:00配信

土屋太鳳主演、'17年公開予定の映画「トリガール!」に間宮祥太朗、高杉真宙、池田エライザ、矢本悠馬、ナダルの出演が決定した。土屋が“毒舌ツッコミ女子大生”という役どころが話題の同作だが、間宮はサークル史上最高出力のパワーを持つヤンキーかぶれの先輩・坂場大志を、高杉は土屋演じる鳥山ゆきなが一目ぼれする王子様キャラのイケメン先輩・高橋圭をそれぞれ演じる。

【写真を見る】ロードバイクに乗るシーンでは、ピンクのウエアを着込んだ土屋太鳳

間宮は「撮影入ってから、坂場大志という役が自分の体になってきた感じがしています。毎日、プランを考えた芝居ではなく、シーンごとに土屋さんや高杉さんと、ぶつかり合って生まれるものを撮ろうという、組全体の雰囲気があるので、とにかく全力でこの作品と役の世界を信じて演じることができていて、すごく楽しいですし、すごく青春しているなって思います。

英(勉監督)組の皆さんや、土屋さん、高杉さんなどの共演者の皆さんといい関係がどんどんできていて、(琵琶湖に来た)今、現場が面白くて仕方ないです。

お客さまには、同じ目的を持った仲間と、とにかく全力で一つの目的に向かっていく姿に、何かを感じてもらえるような映画になったらいいなと思っています」と心境を明かした。

一方高杉は「今回演じている高橋圭という役は、英監督とも話して、天然の詐欺師のようなのに、悪気のない憎めない男です。今まで演じてきた役とは違うので、“偽物”にならないように必死に取り組みました。

ほかのキャラクターがすごく変わっていますが、その中でも圭の変な部分を出せていけたらいいなと思っています。

実は元々『鳥人間コンテスト』を見ていたんですが、今回の撮影で初めて琵琶湖に来ることができて、この場所でいろんな方が飛んでいるんだと思うと感動しましたし、台本で読んで想像していた琵琶湖が広がっているのがうれしかったです。実際にプラットホームに上がった時にはテンションが上がって飛びたいと思いました。

劇中では、僕と土屋さんと間宮さんが掛け合いをするシーンがたくさんあるんですが、カメラが回っていない時も、劇中のような掛け合いをしたりしていて、本当にすてきな時間でした」と振り返った。

そして主演の土屋は「終わった瞬間の気持ちを一言でいうと『もう出るものは何もない…』と思いました。

声も、力も出ませんでした。クランクインをした時は、まさかここまで出し切る感覚を覚える作品になるとは想像していませんでした。

でもそれは、疲れた気持ちや戸惑う気持ちでは全くなく、見えないけど大切な何かのゴールに一つたどり着いたような、本当にホッとした、あったかい気持ちでした。

ロケを終えた瞬間を見守ってくださったスタッフさん方の、あったかくて元気な笑顔と、少し涙目にも見えた、琵琶湖のように静かで深い坂場先輩の目は、一生忘れられない熱い思い出となりました。

そして、全力で楽しむ中にも、『空を飛ぶ』ということへの尊敬と意味を真摯(しんし)に感じるロケでもありました。見守ってくださった地元の方々、ご協力くださった全ての方々に、心から感謝をしています」と充実感あふれる様子で語った。

■ストーリー:一目ぼれした先輩・高橋圭(高杉真宙)に誘われるままに「人力飛行サークル」に入部した鳥山ゆきな(土屋太鳳)。

幸せいっぱいの彼女の前に現れたのは、サークル史上最高のパワーをもつ先輩・坂場大志(間宮祥太朗)。ヤンキーかぶれの坂場を一瞬で大嫌いになったゆきなをよそに、圭先輩、坂場先輩との3人だけのパイロット班が始動する。

憧れの先輩と空を飛ぶバラ色の夏のはずが、大嫌いな先輩との夏に。鳥山ゆきな、この夏、恋心と毒舌で空を飛ぶ!

最終更新:8/10(水) 6:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集