ここから本文です

リオ五輪、東山紀之が注目するのは体操の白井健三選手!

Smartザテレビジョン 8/10(水) 7:01配信

ドラマ「刑事7人」(テレビ朝日系)でストイックに真実を追う刑事を熱演中の東山紀之。毎日撮影が続く忙しい日々を送る中、つかの間の息抜きの方法を聞いてみた。

【写真を見る】ドラマでは、永沢(鈴木浩介)の死を乗り越え、新たな事件に立ち向かう!

東山:撮影をしていないときはそれなりにリラックスしていますけど、常にドラマのことを考えているし、そういう時間がとても楽しい。スポーツ中継を見ていても勝負の仕方や盛り上げ方など、いろいろなところにヒントが転がっていますからね。今はオリンピックが開催されていますけど、選手たちのプレーを見た後はなぜか走りたくなったり、体を動かしたくなる(笑)。いい息抜きになっています。

絶賛開催中のリオ五輪だが、東山がとりわけ注目しているのが体操だそう。

東山:体操の日本代表に注目しています。内村(航平)選手はもちろん、白井(健三)選手のようなイキのいい若手も出てきて。ベテランと新人の融合が、どういう形で結果につながっていくのかすごく楽しみ。白井くんには彼にしかできない技で世界を驚かせてほしいですね。

発売中の週刊ザテレビジョン33号では、リラックス方法のほか、「刑事7人」に懸ける熱い思いを掲載している。

最終更新:8/10(水) 16:25

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。