ここから本文です

THE ORAL CIGARETTES、新曲「DIP-BAP」に込めた思いを語る

Smartザテレビジョン 8/10(水) 7:01配信

ニューシングル「DIP-BAP]をリリースした4人組ロックバンド・THE ORAL CIGARETTES。新曲に込めた思いを、週刊ザテレビジョンのインタビューで語った。

【写真を見る】「CDTV」(TBS系)の8、9月のオープニングテーマである発売中のシングル「DIP-BAP」

山中「この曲では自分の音楽のルーツであるヒップホップを、オーラルのフィルターを通して提示したかったんです。今ってこういう音楽をやってる人がいないから、これがお客さんにガツンと響くかは正直分からなかったけど、周りに合わせるよりも自分たちの芯を持った音楽をやりたいと思ったんですよね」

中西雅哉「でも僕らはヒップホップをあまり通ってなくて」

鈴木重伸「僕に関しては全く分からなかったので、拓也から教えてもらったCDを聴いて、まずは『ヒップホップとは何ぞや?』ってところから勉強しました」

あきらかにあきら「それこそ、高校時代に拓也の家でエミネムの映画『8Mile』見てても、僕ら途中で寝ちゃったりしてたもんな(笑)」

鈴木「それが今回、音色の選び方がバンドとは違うことが分かって」

あきら「僕も自分の中の方程式が見えたときに、これ以上聴くと影響を受け過ぎそうだから、もう聴かないっていう線引きはしました」

楽曲の作詞、作曲を手掛けるボーカル&ギターの山中だが、歌詞を書く際の思いをこう話す。

山中「僕は歌詞を書くとき、自分のセラピーみたいな感じで書いてるので、聴く人のことを応援しようと思って書いてるわけじゃないんですよ。もちろん共感してもらえたらうれしいけど、でも、その感情は僕らの曲が与えたものじゃなくて、あなた自身が自ら生み出したものなんだってことに気付いてほしいというか。だから、この曲も最初は俺らの曲を聴いてくれって風に書いてたんですけど、そうじゃなくて、好きなものは自分で選んでほしい、あなたにはその力があるから大丈夫だよっていうメッセージにしたんです」

自分が持っている力を信じてほしい、好きなものは自分で選んでほしい、という強い思いを込めた「DIP-BAP]は現在発売中。ぜひ、手に取って聞いてみよう。また、発売中の週刊ザテレビジョン33号では、このインタビュー全文を掲載している。

最終更新:8/10(水) 7:01

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。