ここから本文です

京都観光で使いたい、“泊まれる本屋”が秋にオープン

東京ウォーカー 8/10(水) 17:00配信

“泊まれる本屋”がコンセプトの、東京・池袋の人気宿泊施設「BOOK AND BED TOKYO」の2号店が、今秋に京都でオープンする。

東京で話題のホステルが京都初進出。観光の拠点として期待!

同施設は、外国人観光客や国内旅行者をターゲットにした、簡素な素泊まりのホステルスタイル。実際に本を買うことはできないが、本棚の中にベッドが埋め込まれていて、 まるで本棚の中に眠るような構造が特徴。

高級ホテルのような、ふかふかなマットレスも無ければ、 低反発の枕もない。しかし、安眠できる宿泊施設としての基本的設備に加え、“読書をしていたら、いつの間にか寝てしまった”という、読書マニアにはたまらない、幸せな時間が過ごせるのが人気の秘訣となっている。

ゆったりしたソファが置かれたラウンジは、デイタイムなら宿泊者以外にも利用(利用料金が必要)できるから、興味を持てば試しに利用するのもいいかもしれない。

まだ京都店の詳細は、発表されていないが、CNNなど海外のメディアが、新しいカルチャーとして注目した、池袋の店舗と同様のデザイナーが内容やグラフィックをを担当する。

これからの展開を楽しみに待ちたい同施設。京都観光の新たな宿泊の形としても、注目していきたい。【関西ウォーカー編集部/石川貴大】

最終更新:8/31(水) 15:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。