ここから本文です

京都観光で使いたい、“泊まれる本屋”が秋にオープン

東京ウォーカー 2016/8/10(水) 17:00配信

“泊まれる本屋”がコンセプトの、東京・池袋の人気宿泊施設「BOOK AND BED TOKYO」の2号店が、今秋に京都でオープンする。

東京で話題のホステルが京都初進出。観光の拠点として期待!

同施設は、外国人観光客や国内旅行者をターゲットにした、簡素な素泊まりのホステルスタイル。実際に本を買うことはできないが、本棚の中にベッドが埋め込まれていて、 まるで本棚の中に眠るような構造が特徴。

高級ホテルのような、ふかふかなマットレスも無ければ、 低反発の枕もない。しかし、安眠できる宿泊施設としての基本的設備に加え、“読書をしていたら、いつの間にか寝てしまった”という、読書マニアにはたまらない、幸せな時間が過ごせるのが人気の秘訣となっている。

ゆったりしたソファが置かれたラウンジは、デイタイムなら宿泊者以外にも利用(利用料金が必要)できるから、興味を持てば試しに利用するのもいいかもしれない。

まだ京都店の詳細は、発表されていないが、CNNなど海外のメディアが、新しいカルチャーとして注目した、池袋の店舗と同様のデザイナーが内容やグラフィックをを担当する。

これからの展開を楽しみに待ちたい同施設。京都観光の新たな宿泊の形としても、注目していきたい。【関西ウォーカー編集部/石川貴大】

最終更新:2016/8/31(水) 15:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

トキメキの、いちご。
いちご狩り&いちごスイーツ
2017東京ショコラ最前線
東北応援みちのくWalker