ここから本文です

野村周平と水原希子の熱愛報道、その後も羽田空港やクラブでアツアツ目撃談が多数

週刊女性PRIME 8/10(水) 16:06配信

 放送中のフジテレビ系月9ドラマ『好きな人がいること』の制作発表で、自分の恋愛観について「肉食を食べる肉食ですね(笑)」と語ったのは、野村周平。

 演技だけでなく、副音声での歯に衣着せぬトークも話題に。ドラマの中ではお調子もののプレーボーイを演じているが、自分自身は「誠実さが売り」だと話す。

 そんな彼の熱愛を「週刊女性」本誌は6月にキャッチ! モデルで女優としても活躍する水原希子が仕事の合間を縫い、彼の自宅へ通う姿を目撃したのだ。

 取材当時、多いときには週の半分ほど、野村の自宅へ泊まっていた水原。翌日は野村宅から仕事へ出勤していた。ふたりで外出する際は、野村が車でエスコートするなど、紳士的な姿も。

「ただ、野村くんはドラマや映画の撮影が立て続けに入り、水原さんも海外を飛び回るなど、お互いに忙しくしているのが現状。なかなか会うひまもないのでは」(芸能プロ関係者)

 7月初旬には、雑誌の撮影のために水原は北京へ。フライトのため、羽田空港を訪れた彼女の傍らには、なんと野村の姿があったのだ。

「夜7時くらいだったと思います。出発ロビーのところで名残惜しそうに見つめ合ったり、お話しされていましたね。ふたりに気づく人もいて、手を振られると振り返すなど、堂々としていましたよ」(目撃した利用客)

 多忙を極めるなか、わざわざ見送りに駆けつけるなんて、本当に誠実! そんな彼だからこそ、水原のハートをガッチリつかんでいるのだろう。相変わらずふたりの熱愛は続いているようだ。また7月末には、都内で行われたライブイベントにもふたりで足を運んでいる。

「2階フロアに並んで、DJのパフォーマンスに肩を揺らしていました。たまにステージそっちのけでつっつき合ったり、キャッキャと笑い合いながら身体をぶつけ合ったりと、アツアツな感じ。お客さんの中には気がついた人もいたようですが、ふたりにとってはどこ吹く風という感じでしたよ」(会場にいた観客)

最終更新:8/10(水) 16:06

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」11月29日発
売号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)