ここから本文です

ソロ始動のソンジェ&ユナク「超新星を守り抜くのが僕たちに与えられた使命」

週刊女性PRIME 8/10(水) 11:00配信

 メンバーの4人が兵役中ということもあり、超新星の中では少し珍しい組み合わせのインタビューが実現した。O型でリーダーシップのあるユナクと、AB型でのんびり屋のソンジェは性格も見た目も対照的。

 インタビューの最中も、差し入れのアイスを美味しそうに食べてくれたユナクに対して、ファンミーティングを直後に控えたソンジェはひたすら我慢。しかしこの構図、昔は逆だった気もするが……。

ソンジェ「僕は食べたらすぐ肉がつくタイプなので、必死で我慢しているんですよ」

ユナク「僕もダイエットしなきゃなーと思いつつ、食べちゃっていますけどね(笑)。ソンジェは顔が小さいから、少し肉がついただけでもすごく目立つんです。いまは、やせたから顔がめっちゃ小さい! さっき一緒に撮影しながらモニターを見て、“僕もやせなきゃ!”って焦りました」

 約2年の兵役期間にいろんなことを経験して、これまでよりずっと大きくなって帰ってきたソンジェを、ユナクは少し新鮮な気持ちで眺めているという。

ユナク「7月のファンミーティングで、ソンジェがひとりで舞台に立つところを初めて見ました。あんなに無邪気に、楽しそうに踊る彼を久しぶりに見たなと思いましたね。(韓国での)デビュー曲『Hit』のころのセクシーなソンジェが戻ってきたというか。

 彼自身が、改めてやりたいことを見つけた気がして、すごくカッコよく見えました。逆に僕も今度のライブツアーはしっかりやらないとなって思って、死ぬほどプレッシャーを感じています(笑)」

ソンジェ「ふだんは、そんなこと言ってくれないからテレますね(笑)。僕としては、今できることをしっかりやっていけば、結果はついてくるんじゃないかと思っています。日本で超新星として活動を始めたときもそうだったから。

 あのころは、何もわからないまま、日本で活動を始めたんです。ファーストシングルの『キミだけをずっと』がオリコン5位になったって聞いても、それがどれくらいすごいことなのかもわからなかったくらい(笑)。でも今回のソロ活動もそのくらい、がむしゃらにやっていきたいです」

1/2ページ

最終更新:8/10(水) 11:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」11月29日発
売号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。