ここから本文です

Q.苦手な飲み会をうまく断る方法を教えてください

ファンファン福岡 8/10(水) 17:07配信

今回寄せられたお悩みは「苦手な飲み会の断り方」。お悩みのプロ、滝悦子さんが答えます!

Q.飲み会の断り方が知りたい

飲み会の雰囲気が苦手です。私はあまり飲めないのですが、年配の人にはまだまだ「飲みニケーション」信奉者が多いです。

かと言って、若者のようにハッキリ断ることもできません。スマートで角が立たない断り方を教えてほしいです。(読者・冷麺さん)

A.ごまかさず、正直に言わんね。

しけ~た小細工はムダたい。参加せんって宣言せんね。「イヤなことはしない」を哲学として見事に生きたのは水木しげる。「ほんとうの幸い」を生涯求めて「自然」のなかに幸福感はあると考えたのは宮沢賢治。一朝一夕にはたどり着けない境地です。

我々凡人が生きるのは資本主義社会。優れた者が勝ち進み、対価を得る。負けたら低賃金に甘んじることになる。実力を発揮するには日頃から弛まぬ勉強、トレーニングが必要なのは自明の理。したがって飲み会なんぞは単なるアソビ。苦手だからと断るのなら「会社にとっての役に立つ人間、能動的で人に喜ばれる仕事ができる男」だと万人に認めさせ、納得させる覚悟が要ります。

でも、大丈夫。首都圏の大企業幹部に訊ねたら最近は飲み会自体が消滅状態だと。上司の嗜好による悪習続行の危機やね。ちなみに私は365日が飲み会。一度、一緒に飲まんね? 楽しかヨ♪

Profile 滝悦子

福岡で屈指のマルチライター&インタビュアー。Love FM「My life , My song」ではラジオDJを務める。近著に『1日1分!読むオトコマエ術』(新水社)

ファンファン福岡

最終更新:8/10(水) 17:07

ファンファン福岡

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ファンファン福岡

株式会社西日本新聞社

福岡市を中心としたエリアで発行するフリーペーパー。「福岡って楽しい!大好き!」という地元の方々と一緒に、魅力あふれる福岡の街や人、イベント、グルメスポットなどを随時更新。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。