ここから本文です

清武フル出場のセビージャ、あと一歩で勝利逃し…レアルがUEFAスーパー杯制す

フットボールチャンネル 8/10(水) 6:16配信

【レアル・マドリー 3-2 セビージャ UEFAスーパーカップ】

 現地時間9日にUEFAスーパーカップが行われ、レアル・マドリーとセビージャが対戦。延長戦までもつれ込んだ試合は、ダニエル・カルバハルのゴールが決勝点となりマドリーが3-2の勝利をおさめている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 マドリーは昨季チャンピオンリーグで優勝、セビージャは昨季ヨーロッパリーグで優勝した王者同士の対戦だ。ただ、レアルのクリスティアーノ・ロナウドやガレス・ベイルなどは招集外となっている。

 今回の試合でセビージャに新加入の日本代表MF清武弘嗣は先発出場を果たした。試合開始して21分にマルコ・アセンシオが豪快なシュートを叩き込みレアルが先制。しかし、40分に右サイドからのクロスをフランコ・バスケスがトラップしゴール右隅にシュートを突き刺しセビージャが同点に追いつく。

 さらに72分、ペナルティエリア内でセビージャの選手が倒されPKを獲得すると、イェフヘン・コノプリャンカがしっかりとゴールを決めてセビージャが逆転に成功した。

 このままセビージャが逃げ切るかと思われた後半アディショナルタイム、マドリーのセルヒオ・ラモスが土壇場でゴールを決め同点に追いつく。試合は延長戦に突入した。

 94分にセビージャのティモテー・コロジエチャクが退場し1人少なくなる。すると99分、マドリーが勝ち越しゴールを決めたかに思われたがオフサイドの判定となり幻のゴールとなった。

 それでも119分、ダニエル・カルバハルが一人でゴール前までボールを運び勝ち越しゴールを決めた。そのまま試合は終了し、マドリーが3-2の勝利をおさめている。先発出場の清武はフル出場を果たしたが、惜しくもタイトル獲得とはならなかった。

【得点者】
21分 1-0 アセンシオ(レアル)
40分 1-1 バスケス(セビージャ)
72分 1-2 コノプリャンカ(セビージャ)
90分+3分 2-2 S・ラモス(レアル)
119分 3-2 カルバハル(レアル)

フットボールチャンネル

最終更新:8/10(水) 7:27

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。