ここから本文です

体操男子団体金メダルの裏に“逆転の発想” 見出した新たな勝ちパターン

THE ANSWER 8/10(水) 11:22配信

不利なローテーションを逆手に取ったコーチの言葉

 リオデジャネイロ五輪体操男子団体決勝で、日本が274.094点で、04年アテネ五輪以来3大会ぶりとなる金メダルに輝いた。4位通過の予選から挽回し、終わってみれば2位ロシアに2.641点差の圧勝。メダルにつながったのは逆転の発想だった。

【写真】リオ五輪での活躍に期待、各種目の日本人美人アスリート

 決勝のローテーションは、予選の成績で決まる。アテネ五輪、グラスゴー世界選手権。近年の日本が団体を制したのは、予選1位と2位のチームが行う床から始まって鉄棒で終わる「正ローテーション」だった。得意な床で一気に流れに乗り、鉄棒でラストスパートする。内村が「(予選首位通過でなければ)金の可能性は半分消える」と言っていたほどだった。

 4位通過の日本は、苦手なあん馬からスタート。コナミスポーツで内村らを指導する森泉貴博コーチは、不利なローテーションを逆手に取り、「(3種目目の)跳馬まで耐えれば勝てるぞ」と選手を送り出した。序盤2種目で粘った分、跳馬以降の4種目は各々が15点台以上を連発する爆発力があった。

 内村は「あん馬からはすごくしんどい。このローテでやれたのは今後の糧になるいい試合になった」。新たな勝ちパターンを見つけられたのも、3大会ぶりVの大きな収穫だった。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:8/10(水) 14:16

THE ANSWER

なぜ今? 首相主導の働き方改革