ここから本文です

アーセナル、インテル主将獲得に本気? 移籍金に加えてFWジルーの提供も検討か

フットボールチャンネル 8/10(水) 7:01配信

 アーセナルがインテルに所属する23歳のアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ獲得に向けて、移籍金に加えてフランス代表FWオリビエ・ジルーもセットで提供することを考えているようだ。9日に英紙『デイリー・ミラー』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 同紙によると、アーセナルは移籍金3000万ポンド(約39億9000万円)にプラスしてジルーを提供する形でイカルディ獲得を狙っているとのこと。ナポリも獲得を目指しているが、何度か提示したオファーはインテル側に拒否されている。

 イカルディは昨季リーグ戦33試合に出場し16得点を記録。23歳ながらチームの主将を務めている。同選手を獲得するには多くの移籍金が必要となるため、少しでも金額を下げるためにジルーの提供を考えているのだろう。

フットボールチャンネル

最終更新:8/10(水) 7:08

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。