ここから本文です

女性向けファッション誌『AneCan』休刊 読者ニーズや広告環境の変化から

KAI-YOU.net 8/10(水) 17:00配信

8月10日(水)、小学館が発行する女性向けファッション雑誌『AneCan』が、11月7日(月)発売の12月号をもって休刊することが発表された。同雑の公式HPにて、休刊に至った理由と今後の事業展開について記述されている。

20代前半の女性をターゲットとした『CanCam』の姉妹誌として、2006年に2度刊行された後、2007年から月刊誌として正式に創刊された『AneCan』。30代前後の女性たちを中心に人気を集め、全国的に知名度の高い女性ファッション誌として、9年間発行を続けてきた。

一般社団法人・日本雑誌協会によると、2016年4月から6月を算定期間とした『AneCan』の印刷証明付き発行部数は、1号あたりの平均80,667部とされている。

休刊の理由について、「昨今の読者ニーズや広告環境の急激な変化を真摯にとらえ、月刊誌としての休刊を決定」したと綴られている。

今後については「新しい形でのビジネスを検討」とされているが、内容や時期については明かされず、具体的に決定次第お知らせするとのこと。

また、同誌のWebサイト『AneCan.TV』は、継続して運営される。

最終更新:8/10(水) 17:00

KAI-YOU.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。