ここから本文です

クロアチア主将が代表引退を表明。W杯に2度出場、EUROではベスト16入りに貢献

フットボールチャンネル 2016/8/10(水) 7:10配信

 クロアチア1部のシャフタール・ドネツクに所属する主将のクロアチア代表MFダリヨ・スルナが代表引退を表明した。9日に英メディア『フォー・フォー・トゥー』が報じている。

【動画】本田、得点を生む“6つの技”を伊メディアが動画で紹介

 2002年に行われたポーランド代表との国際親善試合で代表デビューを果たし、2006年W杯にも出場。同大会のオーストラリア戦ではゴールも記録している。2014年のW杯では主将としてチームを引っ張りカメルーン戦の勝利に貢献していた。

 今年6月から行われていたEURO2016にも出場しておりベスト16入りを果たしている。クロアチア代表として15年間過ごした中で通算134試合に出場し22得点を記録。クロアチアの中心選手として活躍してきた。

フットボールチャンネル

最終更新:2016/8/10(水) 7:21

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

天皇陛下の退位 専門家の提言

天皇陛下の退位をめぐり政府が設けた有識者会議は年明けにも、論点整理を取りまとめる。
憲法や皇室問題に詳しい専門家の提言とは。