ここから本文です

自らを犠牲にして「ジカ熱」と闘う科学者たち

WIRED.jp 8/10(水) 11:27配信

カリフォルニア州「モスキート・コントロール・リサーチ・ラボラトリー」の科学者たちは、文字通り自身を犠牲にしてデング熱やジカウイルスの拡大を防ごうとしている。

【動画を見る】自身の腕を差し出して蚊にエサを与えることもある科学者たち

上記リンク先の動画には、生物学者ジョディー・ホーマンが、蚊に「エサ」、つまり自分の血液を与えるところが出てくる。彼女は、カリフォルニア州立大学「モスキート・コントロール・リサーチ・ラボラトリー」の研究者だ。

ホーマンは、カリフォルニア州フレズノ郡が運営する蚊の駆除を専門とするチーム「Consolidated Mosquito Abatement District」の一員として、毎週4万匹のオスの蚊を放出している。これらのオスは「ボルバキア」という細菌に感染しており、その細菌をメスに感染させて、孵化しない卵を産ませることがホーマンらの目的だ。

蚊を増やさないことは、デング熱やジカウイルスの広がりを防ぐために重要だ。

同チームは不妊化した蚊の放出のほかに、家の周囲に水の入った容器を置かないことを呼びかけるといった活動を行っている。

WIRED US

最終更新:8/10(水) 11:27

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。