ここから本文です

千葉大生誘拐事件「新しい夢に…」少女が歩む社会復帰への道

女性自身 8/10(水) 6:01配信

 千葉大生に2年間監禁され、今年3月にその自宅から自力で抜け出し保護された埼玉県朝霞市内の少女(15)。彼女は現在、自宅で以前のように家族と暮らしている。近所の住人は彼女の近況をこう話す。

「先日、お母さんとお兄さんの3人で歩いていました。『元気そうでよかったね』と声をかけたら、にっこりしていました。事件のころは中学1年で、今はもう高校1年の年代でしょ。すっかりお姉さんになっていましたね」

 多感な2年間を奪われた少女は、今必死に社会復帰を果たそうとしている。それを支えているのが母親だと、その住人はいう。

「出かけるときは、いつも車。お母さんが運転して、彼女は助手席にいます。事件後は、1人で外出させていないようですね」

 取材当日も、少女は母親の運転する車で帰ってきた。世の中はもう夏休みだが、彼女は失われた時間を取り戻そうと、母親と二人三脚で頑張っている様子だった。

別の近所の住人が語る。

「進学準備なのか、塾などに通っているようですよ。事件に巻き込まれる前も、クラシックバレエやエレクトーンを習ったり、学習塾に通ったりしていました。以前は将来、バレエの先生になりたいと言っていましたが、いまは新しい夢に向かって歩き出したようです」

最終更新:8/10(水) 6:01

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。