ここから本文です

テスラが巻き込まれるバッテリー戦争

Wedge 8/10(水) 12:20配信

 8月1日、テスラ・モーターズがついにソーラー・シティの買収を26億ドルで行うことを発表した。7月26日にはネバダ州レノでバッテリー工場、ギガ・ファクトリーのオープニングセレモニーも行われ、EV用と家庭用、両方のバッテリー分野でのシェア拡大を狙うと考えられている。

早くも黄色信号? 続々とバッテリー工場

 ギガ・ファクトリーでは2018年までに年間50万ユニットのEV用バッテリーの生産能力がある、という。しかもこれは第一フェーズのみの数字で最終的な目標は年間に150万台のEVをカバーできるバッテリー生産だという。
しかしながら、ソーラー発電、EV、家庭用バッテリーで究極のエコシステムを作り上げ、それをテスラ1社が管理、世界中に広げる、というイーロン・マスク氏の狙いに早くも黄信号が灯りつつある。

 まず、ライバルたちの動向だ。EV「ボルト」をテスラ・キラーと位置付けるGMは、現在北米で自動車メーカーが運営するバッテリー工場としては最大規模のグローバル・バッテリー・システムズを有するが、今年に入りその規模を3倍に拡大させた。さらに今後中国、ドイツでもバッテリー研究所を立ち上げる予定だという。

 また、中国企業に買収された米最大のバッテリー・メーカーだったA123も、電力会社のグリッド用バッテリーから再び自動車用バッテリーへ生産をシフトする、と発表した。同社は今後2年間で中国を含めた世界中の工場での自動車用リチウム・イオン電池の生産を倍増し、1.5ギガワット時にする、とも発表した。

 GMとA123のバッテリー生産増により、バッテリー価格が今後急激に下落するのでは、という予測も飛んでいる。ギガ・ファクトリーは完成したが時すでに遅し、利益を生み出せない、あるいは初期投資を回収できない施設になるのでは、と囁かれる。

 家庭用充電システムでも強力なライバルが登場した。ドイツのソーネン社だ。ソーネンは家庭用充電システムの先駆者で、今年1月にアメリカ支社をオープンさせたばかりだ。しかしテスラが独自の家庭用充電システム「パワーウォール」を最初の3カ月で2500ユニット販売した、と発表したのに対し、ソーネンでは同時期に2600ユニットを販売、とテスラを上回る。ソーネンは今年1月に米ソーラーパネルメーカー、ソーラー・ワールド社との提携も発表しており、今後テスラ/ソーラー・シティとの激しいシェア争いが期待される。

1/2ページ

最終更新:8/10(水) 12:20

Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2016年12月号
11月19日発売

定価500円(税込)

■特集 クールジャパンの不都合な真実
・設立から5年経過も成果なし 官製映画会社の〝惨状〟
・チグハグな投資戦略 業界が求める支援の〝最適化〟
・これでいいのかクールジャパン