ここから本文です

アルゼンチン代表バウサ新監督、メッシ代表復帰へ動く。バルセロナまで直談判

フットボールチャンネル 8/10(水) 7:50配信

 新たにアルゼンチン代表監督に就任したエドガルド・バウサ氏は、リオネル・メッシの代表復帰への意思を確認するべく、バルセロナまで本人に会いに行くようだ。9日、スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 新指揮官が、エースの代表復帰に向け動き出した。バウサ監督は、アルゼンチンを経ち、水曜日にバルセロナ入りし、メッシと直接会談の場を持つということだ。このタイミングでの訪問は、9月初旬に、ウルグアイとベネズエラとのワールドカップ予選が組まれており、この金曜日にも選手リストを発表するためだ。

 バウサ監督は、その場でメッシに代表復帰の意思があるかを確認する。今ではかたくなに代表復帰に否定的でないとも言われており、それだけにこの会談の内容が復帰へのカギを握るということだ。

 アルゼンチンは現在南米予選で3位につけている。しかし、6試合で6ゴールと深刻なゴール不足に悩んでいる。代表引退表明からすでに40日以上が過ぎ、いまだ沈黙を通すメッシ。果たして再び代表でのプレーを見られるのだろうか。世界中のファンが注目している。

フットボールチャンネル

最終更新:8/10(水) 7:53

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。