ここから本文です

ブラジル五輪代表、まさかの大不振の一因に? 大会中に揺れ動く若き才能たちの移籍事情

Football ZONE web 8/10(水) 13:40配信

レスターがU-23ブラジル代表FWバルボサの獲得に動く

 レスターがサントスのU-23ブラジル代表FWガブリエル・バルボサの獲得に乗り出していることを、英紙「デイリー・メール」が報じている。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 昨季プレミアリーグで奇跡の優勝を果たしたレスターは、絶対的エースのFWジェイミー・ヴァーディの残留、さらにはCSKAモスクワからFWアーメド・ムサの獲得に成功するなど、前線の強化が順調に進んでいる。

 しかし、クラブはUEFAチャンピオンズリーグを含めた過密日程を考慮して、さらなるストライカー補強に動いていたようで、バルサやユーベなども獲得に関心を示していた次代のブラジル代表を担う19歳のバルボサに2300万ポンド(約30億6000万円)を支払う準備をしているという。

大会中にも若き才能に迫る多くのオファー

 その一方で、リオ五輪では若き才能を多く擁している開催国ブラジルに異変が生じている。オーバーエイジ枠にバルセロナFWネイマールを招集するなど、悲願の金メダル獲得に向けて満を持して大会に臨んだはずだったが、グループリーグ2試合を終えて2戦連続のスコアレスドローで勝ち点2と、ベスト8進出も危ぶまれる状況に追い込まれている。

 ブラジルの中心選手であるFWガブリエル・ジェズスは、今月3日にマンチェスター・シティへの移籍が決定。だが、翌日に迎えたリオ五輪開幕戦ではチームが南アフリカ相手にまさかの0-0の引き分けに終わり、スタートダッシュに失敗することとなった。

 ジェズス本人は「シティ移籍の影響は全く関係ない」と断言しているものの、バルボサのレスター移籍浮上など、ブラジル五輪代表の若きタレントたちが自身の去就に揺れる時期であるのは間違いない。それが開催国の低迷を引き起こす一因になっているのなら実に皮肉なことだが、才能豊かなカナリア軍団はこの逆境を乗り越え、自らの価値をさらに高める結果をつかめるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/10(水) 13:40

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。