ここから本文です

8歳の少年、母親と住む家を買うためにベーカリービジネスをスタート

女性自身 8/10(水) 20:20配信

米カリフォルニア州に住むジェイレン・ベイリーは、8歳にして実業家としての顔を持つ。

彼がCEO兼シェフを務める「ジェイレンズ・ベーカリー(http://www.jalensbakery.com/)」はクッキーやマフィンを作って販売する会社だ。

「たくさんお金を稼いで、家を買うんだ。僕とママが幸せに暮らせる家をね」

ジェイレンがお菓子作りを始めたのは5歳のとき。その工程は大好きな理科の実験に似ていて、みるみるのめり込んでいった。自分でレシピを工夫しながらチョコチップクッキーやバナナマフィン、カップケーキなどを作り続け、先月1日に販売業に乗り出した。

クッキー、スノーボールは12枚で10ドル、マフィンは6個で10ドル、ジャーケーキは1つ15ドルで、約1か月で200ドルも稼いだという。

ジェイレンの母シャロンダはシングルマザー。女手一つで息子を育ててきた。今はベビーシッターの仕事をしながら、ジェイレンのビジネスをサポートしている。今2人はフレズノにある小さなアパートに住んでいるが、いつかは大きな家に引っ越すことを夢見ている。

近所には配達もしており、ショップのウェブサイトには「このあたりに住んでいる人は、どうぞママに電話してください。喜んでオーダーをうけたまわります」と可愛らしい案内がある。しかし、彼はさらなる成長を目指している。8月3日にオンラインオーダーと国内への発送システムを構築するためのクラウドファンディング(https://www.gofundme.com/jalensbakery)を起ち上げたのだ。1万ドルを目標としているが、10日の時点ですでに2,690ドルが寄付されている。

最終更新:8/10(水) 20:20

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。