ここから本文です

中島みゆき、20年ぶりのベストアルバム『前途』リリース決定 同日にライブCD&映像作品発売も

リアルサウンド 2016/8/10(水) 10:16配信

 中島みゆきが、11月16日にベストアルバム『前途』をリリースすることを発表した。

 中島がベストアルバムをリリースするのは『大吟醸』以来20年ぶりのこと。今回のべストアルバムのテーマは、「この先も続く21世紀の歩みの中で聴いていきたい中島みゆきの歌」。同作には『NHK紅白歌合戦』でも披露した「地上の星」「麦の唄」や、中島による提供楽曲からはTOKIO「宙船(そらふね)」、ももいろクローバーZ「泣いてもいいんだよ」のセルフカバーを収録。アルバムラストにはこれから続く旅を歌った「ヘッドライト・テールライト」を収録している。さらに、全曲を瀬尾一三プロデューサーの元、ロサンゼルスのスティーブン・マーカッセンがリマスタリング。また、中島みゆき作品史上初の本人による全楽曲ごとのライナーノーツを封入予定だ。

 ベストアルバムと同日には、ライブCD『中島みゆき Concert「一会」2015~2016 ‐LIVE SELECTION‐』、Blu-ray & DVD『中島みゆき Concert「一会」2015~2016』を同時リリースすることも決定。2015年11月12日から2016年2月11日にかけて、東京と大阪で計15回開催したコンサート音源、映像を収録している。ライブCDは、ベストアルバム同様、スティーブン・マーカッセンによるマスタリングが施されている。

リアルサウンド編集部

最終更新:2016/8/10(水) 10:16

リアルサウンド

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!