ここから本文です

中島みゆき、20年ぶりのベストアルバム『前途』リリース決定 同日にライブCD&映像作品発売も

リアルサウンド 8/10(水) 10:16配信

 中島みゆきが、11月16日にベストアルバム『前途』をリリースすることを発表した。

 中島がベストアルバムをリリースするのは『大吟醸』以来20年ぶりのこと。今回のべストアルバムのテーマは、「この先も続く21世紀の歩みの中で聴いていきたい中島みゆきの歌」。同作には『NHK紅白歌合戦』でも披露した「地上の星」「麦の唄」や、中島による提供楽曲からはTOKIO「宙船(そらふね)」、ももいろクローバーZ「泣いてもいいんだよ」のセルフカバーを収録。アルバムラストにはこれから続く旅を歌った「ヘッドライト・テールライト」を収録している。さらに、全曲を瀬尾一三プロデューサーの元、ロサンゼルスのスティーブン・マーカッセンがリマスタリング。また、中島みゆき作品史上初の本人による全楽曲ごとのライナーノーツを封入予定だ。

 ベストアルバムと同日には、ライブCD『中島みゆき Concert「一会」2015~2016 ‐LIVE SELECTION‐』、Blu-ray & DVD『中島みゆき Concert「一会」2015~2016』を同時リリースすることも決定。2015年11月12日から2016年2月11日にかけて、東京と大阪で計15回開催したコンサート音源、映像を収録している。ライブCDは、ベストアルバム同様、スティーブン・マーカッセンによるマスタリングが施されている。

リアルサウンド編集部

最終更新:8/10(水) 10:16

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。